七草粥とは?

1月7日に食べる七草粥。

七草粥を食べるとどんな事があるのでしょう?
七草粥とは、どんな7つの野菜なのでしょう?

お正月の行事食なので、ちょっと調べてみました!

スポンサードリンク

七草粥とは?

七草粥とは、1月7日に食べる
お正月の行事食です。

七草粥に使われるのは、
春の一番最初に芽吹く7つの草(野草や野菜)のこと。

七草粥には邪気を払う力があるとされていて、
無病息災を願って、昔から食べられてきました。

他にも、昔は冬に野菜が少なかったので、
七草粥を食べて栄養を補う意味もありました。

お粥は胃腸に優しく、お正月のお雑煮など
食べすぎて疲れてしまっているお腹にはちょうど良いでしょう。

それに、七草粥の中に入っている七草は、
体に良い成分や、体を温めてくれるものも入っていて、
とても体にいいものです。

七草粥の七草とは?

七草の7つは、普段でも目にする野草だったり、
スーパーで売られているものもたくさんあります!

➀セリ
➁ナズナ
➂ハハコグサ
➃ハコベ
➄コオニタビラコ(ホトケノザ)
➅スズシロ(大根)
➆スズナ(カブ)

七草粥の詳細

➀セリ
田んぼなどの湿ったところで育ちます。
春先が一番おいしくて、香りが独特。

観賞用のものもあるので注意が必要!
『ドクゼリ』という毒草と似ているので、
野草は食べないでください!

➁ナズナ
アブラナ科の草。
田んぼなどの湿ったところで育ちます。
よく、「ぺんぺん草」と呼ばれているものです。

春が旬で、秋に芽吹いて冬を越します。
昔には、冬の野菜として大切にされてきました。

➂ハハコグサ
どこにでも生息する事ができます。

昔は草餅用に使われていました。
内臓系に効果のあるお茶として
健康茶が飲まれている事もありました。

➃ハコベ
背の低い草で、枝分かれしながら密集して育つ。
薬草としてよくつかわれる野草。

寿命が長く、2年草です。
(2年育ってその間に株を大きくして種を残す)
色んな種類があって、食用か薬用としてよく食べられます。

➄コオニタビラコ(ホトケノザ)
コオニタビラコというのが本当の七草です。
ホトケノザとよく言いますが、ホトケノザは食用ではないので、
食べてはいけません!

タンポポに似た色で小さな花をつけます。

➅スズシロ(大根)
大根のこと。

大根には、いろんな種類がありますが、
今ではなんでもいいようです。

七草粥には、大根をすりおろして使っていたので、
「すずしろ」という名前になりました。

➆スズナ(カブ)
カブの根っこの食べる部分が鈴に似ているので「スズナ」
という名前になりました。

大根とカブは似ていますが、
大根は『アブラナ科ダイコン属』
カブは『アブラナ科アブラナ属』
 で種類が違います。
カブはぬるぬるした成分が多いのです。

最近では、七草がセットになって売られている事もあるので、
とても作りやすくて便利ですよ!

1月7日に七草かゆを食べて、
お正月で疲れた胃腸を少しいたわってあげましょう!

    


スポンサードリンク