ジャック・オ・ランタンとけちんぼジャックとは?

ハロウィンに飾られるジャック・オ・ランタンは、けちんぼジャックというお話からできたそうです。

かぼちゃの中をくり抜き、大きな目やギザギザな口を彫ってあるジャック・オ・ランタン
中に火を灯したり、玄関先に飾っておくことが多いですね。

そんなジャック・オ・ランタンが、元はカブだったり・・・
悪魔や天使が出てくるお話だったなんて、知っていますか?

それは、昔のアイルランドのお話なんです。
けちんぼジャックという男のちょっと面白いですよ!

スポンサードリンク
ジャック・オ・ランタンの始まり

けちんぼジャックのお話は、アイルランドの昔話です。

昔のアイルランドの人たちは、万聖節(今のハロウィン)の日に、
カブやヒョウタン、ビートなどの野菜をくり抜いて、中に明かりを灯しました。

これは、けちんぼジャックを遠ざけ、他にも悪霊を家などに寄せ付けないための魔除けだったのです。

日本で言うと、お盆のような日で、死んだ人が家に帰ってきたり、
悪霊や魔女が出てくる日とされています。

 それから、アイルランドの多くの人がアメリカ移住しました。
 すると、アメリカでは大きなカボチャがたくさん育つので、その方がカブなどよりも、
 くり抜いたり、日を灯してランタンにするには簡単だったのです!

 それに気づいたアイルランド移民は、次第にカボチャでランタンを作るようになり、
 その風習が今に伝わっているのです。

けちんぼジャックのお話

 昔、アイルランドにジャックという男がいました。
ジャックはカブイタズラが大好きでした。
特にイタズラが好きで、家族や友達だけでなく、いろんな人にイタズラをしかけていました。
他にも、盗みをしたり、いろいろと悪いことをして「けちんぼジャック」と呼ばれていました。

 そんなある日、ジャックが酒場で酔っ払っていると、悪魔に魂を取られそうになりました。
しかしジャックは、イタズラの悪知恵を使って、
「魂をあげる前に、酒を一杯飲ませてくれ」と言いました。
悪魔は、ジャックがお金を持っていないので、小銭に変身してその金で酒をおごろうとしました。

 ところが、ジャックは小銭の姿になった悪魔を財布に入れて、閉じ込めてしまいました。
「出してくれ」という悪魔に、ジャックは、
「10年間、自分の魂を取らずに生かしてくれるなら、出してやる」と言いました。
悪魔が約束をしたので、ジャックは財布から出してやりました。

 それから10年が経って、ジャックの魂を貰うために悪魔がやって来ました。
するとジャックは、また悪知恵を働かせて、
「約束通り魂をあげるから、その前にりんごを食べさせてくれ」と言って、近くのリンゴの木を指しました。
ジャックが木を登れないと言うので、悪魔は仕方なく木に登り、リンゴを取ってやることにしました。

 悪魔がリンゴの木に登ると、ジャックは木の周りに十字架を並べました。
十字架のせいで木から降りられなくなった悪魔に、ジャックはこう言いました。
「自分の魂はあげない。たとえ、自分が死んだとしても、魂は取るな」
悪魔はしぶしぶ約束をして、絶対にジャックの魂を地獄に送らないことを誓いました。
ジャックは悪魔を木から下ろしてやり、これでまた安心して暮らすことができるようになりました。

・・・月日が流れ、ジャックは死んでしまいました。
安らかに眠ろうと、天国に行きましたが、神様が入れてくれません。
「現世で、いろんな人に酷いイタズラをしたケチなジャックは、天国に入れない」
そう言われ、ジャックは天国行くことができませんでした。

 仕方なく、ジャックは地獄に入れてもらおうとしました。
しかし、「絶対にジャックの魂を地獄に送らない」と約束した悪魔が、入れてくれません。
ジャックは、死後の世界で、天国と地獄の間をあてもなく彷徨うことになりました。
ただ、真っ暗闇の中では、歩きまわることすらできません。
悪魔に、どうすればいいのか聞いてみると、悪魔は小さな地獄のをくれました。

 ジャックは、死ぬ前に盗んであった大好きなカブを取り出し、中をくりぬいてを入れました。
それをランタン代わりにして、ジャックはこの世を彷徨いました・・・。

☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆

なんだか悲しいお話です・・・。

でも、悪魔がなんだか間抜けな行動をしてて、ちょっと憎めない。
悪魔って、そんなに騙されるものなんですかね^^

 


スポンサードリンク