百日紅(サルスベリ)の花の季節

百日紅(サルスベリ)が咲く季節は、夏から秋にかけて。

7月~10月頃まで、長く楽しめる花です♪

育てやすく、成長してもあまり大きくならないので、庭や公園に植えられていることが多いです。

東北地方から九州地方まで、全国で育てたり、見ることができます。

スポンサードリンク


a0960_004828

✿百日紅(サルスベリ)について✿

 百日紅はの花の色はからピンク、白といろいろあります。

 7月に咲き始めた花は、大体9月頃まで咲きます。

 8月頃に少し手入れをすると、10月まで花を楽しむことができます。

 名前の由来は・・・

 赤い花が長く咲いているので、「百日紅」という名前

 樹の幹がスベスベで、猿が登れずに滑ってしまうから「サルスベリ」という名前

 の2つがあります。

 枝の先端に蕾があり、が咲くとボンボリのようになります。

 百日紅の花びらは、フリルのように波打っています。

a0960_003560

 この花びらが集まって、ふんわりとした綺麗な花になるんです。

 病気にもかかりにくいので、育てやすい花です。

 ただ、木なので最大で5~6mほどに成長します。

✿楽しめる季節✿

百日紅の花は、夏の季節の間ずっと楽しむことができます。

気を大きく育てれば、枝いっぱいについた花が綺麗に咲き誇り、庭を彩ってくれることでしょう。

きっと、山のように咲きますよ♪

京都のお寺などでも、夏の季節にはよく見られます。

綺麗に咲いた百日紅が、京都の華やかな雰囲気を盛り立ててるみたいですよね!

✿花が咲くには✿

 百日紅は、とにかく元気です!

 なので、日当たりがよくて水はけの良い場所が一番適しています。

 日当たりが悪いと、花が少なかったり、咲かなかったり・・・

 とにかく、お日様の下でスクスクと育ちます!

 ・・・の暑い季節に咲き、には実をつけます。

mi

 ただ、次の年も花を楽しみたいのなら、残念だけど切り落としたほうがいいです。

 木の栄養が実に取られてしまい、次に咲く花が少なくなってしまうんです。

 夏の季節に百日紅の花が見たいなら剪定をして枝を切ってあげたほうがいいですよ。

 暑さにはとにかく強い百日紅(サルスベリ)

 百日紅は、どの地域でも育てられる花です!

 寒さの方は、暑さほどではありませんけど、だいたい耐えれます!

 ただ、東北地方より西側の地域の場合は、少し寒さ対策をしてあげたほうがいいかも。

 それに最近では、ベランダサイズの小さな品種もあるようですよ!

 マンションのベランダや窓辺でも楽しめそうですね~。

 暑い夏の季節も、可愛い百日紅(サルスベリ)の花で癒やされながら乗り切ってみませんか?

 


スポンサードリンク