旧暦の月の読み方と漢字

tp

旧暦の月の読み方と漢字って、普段目にするものじゃないからとっさに出てこない!

日本には、旧暦というものがあります。

神無月師走、なんてものはよく聞いたことがあるかもしれませんね。

でも、1月から12月までの全てって、意外と覚えられません・・・。

そこで、意味も一緒に覚えればきっと覚えられるはず!

スポンサードリンク

旧暦の漢字と読み方
1月睦月むつき
2月如月きさらぎ
3月弥生やよい
4月卯月うづき
5月皐月さつき
6月水無月みなづき
7月文月ふみづき
8月葉月はづき
9月長月ながづき
10月神無月(神有月)かんなづき(かみありづき)
11月霜月しもつき
12月師走しわす
旧暦の意味

 

1月・睦月

 ◆お正月に家族や親戚などが揃って睦まじく(仲良く)する月

が、由来として伝えられている有力なもの。
他にも・・・↓↓

 ○稲の種を発芽させるために、水に浸す時期でもあるので「実月(むつき)」

 ○一年の元になる月として、「元月(もとつき)」

があります。
 

 

2月・如月

 ◆まだ寒い時期なので、衣を重ね着する月として、「衣更着(きさらぎ)」

2月ってまだまだ寒いですもんね。
他の由来としては・・・↓↓

 ○「草木張り月(くさきはりづき)」から、

 少し日が出てきて、草木が萌え映える時期として「萌揺月(きさゆらづき)」

 草木が生え始める時期として「息更来(きさらぎ)」

 芽の出た草木が根を張り出す時期として「生更木(きさらぎ)」

など、いろいろあります。
有力なものは、とくにないみたいですよ。

 

3月・弥生

 ◆木草弥生い茂る、から、草木が生い茂る月

として、「弥」は「いよいよ」「ますます」という意味があり、
1月に水に浸しておいた稲の種が目を生やす時期として「弥生

草木がだんだん芽吹き、いよいよ成長し始める時期でもあることから。

 

4月・卯月

 ◆卯の花が咲く時期として「卯の花月(うのはなつき)」

u

 

5月・皐月

 ◆稲の苗、早苗(さなえ)を植える月。「早苗月(さなえつき)」「早月(さつき)」ともいう。

早苗の「」。耕作の「」。早乙女(田植えをする女性)の「」。
いろんな「」が語源として残っています。

 

6月・水無月

 ◆「無」は「の」という意味で使われているので「水の月」

田んぼに水を引く、たいせつな月。
もしくは・・・↓↓

 ○旧暦の6月は梅雨明けの時期だったので、雨がふらず、水がなくなる月

という説もある。

 

7月・文月

 ◆稲穂が実る時期ということで「穂含月(ほふみづき)」

他にも・・・↓↓

 ○書道の上達として、短歌や詩を書いた七夕から、「文披月(ふみひらきづき)」

などがあるようです。

 

8月・葉月

 ◆旧暦の8月は、今の9月頃にあたり、秋口として葉が落ち始めることから「葉落ち月(はおちづき)」

他にも・・・↓↓

 ○稲穂が膨らんで大きくなる「穂張り月(ほばりつき)」「張り月

などがあります。

 

9月・長月

 ◆秋の夜長として、一年の中で夜が長い日が多いから「夜長月(よながづき)」

他にも・・・↓↓

 ○稲穂を刈り取る時期として、「稲刈月(いねかりづき)」

もあります。

 

10月・神無月(神在月)

 ◆全国の神様たちが、出雲大社に集まり、それぞれのお社から神が居なくなる月。

  出雲大社に集まるので、出雲大社のある出雲地方(島根県)などは神在月になる。

他には・・・↓↓

 ○収穫した米で新種を作る意味の「醸成月(かみなんづき)」

 ○雷がようやく収まる時期なので、「雷なし月(かみなしづき)」

など、あります。

 

11月・霜月

 ◆霜が降り始める時期なので「霜降月(しもふりつき)」

他には・・・↓↓

 ○稲扱き、脱穀などを済ませた新米をようやく食べれる時期ということで「食物月(をしものづき)」

などがあります。

 

12月・師走

師匠にあたる僧も、お経をあげるためにあちこち忙しく走り回る様子から「師馳す(しはす)」

他にも・・・↓↓

 ○一年が終わることを年が果てるといい、「年果つ(としはつ)」

 ○四季が終わる、果てることを意味して、「四極(しはつ)」

といういろんな語源があります。

どうでしたか?

語源などには、一つに定まっていないものや、いろんな説があるものなど

いろいろありますが、睦月や如月など、漢字と読み方が変わることはもう無いと思います。

と言っても、結構田んぼ神様にまつわる語源が多かったですね。

やっぱり、昔から大切にされてきたんですね。

旧暦の月の漢字と読み方を、意味と一緒に覚えてみてくださいね~♪

 


スポンサードリンク



コメント

コメントは停止中です。