文化の日の意味とは?

11月3日は文化の日ですよね、どうして文化の日なのか。その意味をまとめてみました。

昔は「明治節」と呼ばれていて、大切な一日とされてきました。

スポンサードリンク

文化の日とは

 毎年11月3日は「文化の日」として国民の祝日に定められています。

 この日は、(1946年)日本国憲法が公布された日。

 日本国憲法が、平和と文化についてを重視しているため、

 『自由と平和を愛し、文化をすすめる日』として「文化の日」になりました。

 11月3日が日曜日の場合、振替として翌日の月曜日が休日となります。

なにをする日?

 文化の日には、文化庁が主催するいろんな芸術祭が開かれています。

 一番有名なものは、皇居で行われる文化勲章の親授式があります。

 これは、文化の日には日本の文化の発展に功労を収めた人に

 「文化勲章」が授与される、表彰式です。

 これは、とても名誉のある勲章で、天皇から直接授与されるものです。

 また、祝日なのでいろんな施設などがお休みするところが多いのですが、

 「文化」ということで、芸術や美術などの文化財を展示しているところや

 博物館などの文化について触れられる施設は、開館しているところがあります。

 それに、文化の日だけ入館料が無料になる博物館や美術館が数多くありますよ!

 関西では、芸術文化イベントが文化ホールや様々な美術館が無料になっていたり、

 関東では、東京国立博物館などで特別展示などが行われていることもあります。

 「文化の日」に文化に触れる。ということですね。

 せっかくの休みを有意義に過ごしたり、いろんな夢や知らないことを調べるのに

 とてもいい日なのかもしれません。

 家でのんびり過ごす祝日もいいですが、

 文化の日は、外に出て美術館や博物館などを巡ってみてもいいかもしれませんね。

 


スポンサードリンク