天皇誕生日とは、どんな祝日?

12月23日にある天皇誕生日とはどんな祝日かというと・・・

その名の通り天皇の誕生日です。

平成天皇の誕生日、ということになりますね。

今は平成ということは・・・それ以前は日にちが違ったんです!

昔の天皇誕生日のことも調べてみました!

スポンサードリンク

天皇誕生日の昔・・・

 今の年号は「平成」です。

 ということで、今の天皇誕生日は、平成天皇の誕生日です。

 そして、平成の前には・・・

 『昭和天皇』
 『大正天皇』
 『明治天皇』

 と、さかのぼる事ができます。

 

 年 号 天皇誕生日(祝日)
 明 治 11月3日
 大 正 8月31日
 10月31日
 昭 和 4月29日
 平 成 12月23日

 大正には2回天皇誕生日がありますね。

 これは、明治から大正に変わるとき、

 祝日を作るためには、法律を少し変えないといけません。

 そのとき、大正天皇の8月31日の誕生日に、法改正が間に合わなかったんです。

 そんなことがありながら、今までに5つの天皇誕生日がありました。

名前が変わっても残る天皇誕生日

 天皇誕生日の中で、今も祝日として残っているものがあります。

 それは、「昭和の日」です。

 4月29日・昭和天皇誕生日

 昭和天皇が自然や緑が好きだったので、最初は「みどりの日」として制定されていましたが、

 2007年に「昭和の日」と名前が変わりました。

 (その代わり『みどりの日』は5月4日)

 他に、「文化の日」も残っています。

 11月3日・明治天皇誕生日

 日本の文化を発展させたり、今まで生み出された文化を大切にする日です。

 もともと、国民に人気のあった明治天皇の誕生日を祝日として残そうとしてできた祝日です。

 今では、いろんな博物館や美術館が文化を多くの人に広めるために、

 文化の日に無料で開館しているところも多くあります。

天皇誕生日って増え続けるの・・・?

 天皇誕生日が残った理由はいろいろです。

 とはいえ・・・

 天皇誕生日が変わって、また祝日が増えるということではありません。

 祝日にしないといけない、ちゃんとした理由が必要なんです。

 だから今後、年号が変わるたびに祝日が増えることはないでしょう。

 休みが多くなってくれることには嬉しいのですが♪
 ただ、休みすぎてお給料が減っちゃったり、
 学校の勉強が進まなかったら大変ですからね。

 今ある祝日や休日を大切に過ごすほうがいいんじゃないでしょうか♪


スポンサードリンク