豆板醤・甜麺醤・コチュジャン・XO醤の代用品まとめ!

ま

中華料理をつくろうと思ったのに豆板醤が足りない・・・!

辛い料理が食べたいのに、コチュジャンが足りない・・・!

なんてこと、よくありますよね。

特に、中華料理をつくろうと思うと、甜麺醤が必要になったり、XO醤をいれたり・・・

でも、たまにしか作らないのに、瓶で大量に買うのももったいないですよね。

そんな時には、他のもので代用しちゃえばいいんです!

豆板醤・甜麺醤・コチュジャン・XO醤の代用品をまとめてみました!

スポンサードリンク

それぞれの代用品

 はじめに、豆板醤・甜麺醤・コチュジャン・XO醤は、全部素材も作り方も違います。

 だから、豆板醤の代わりにコチュジャンを使う・・・

 甜麺醤の代わりにXO醤を使う・・・

 なんてことをすると、完全に別の味になってしまうんです。

 さらに言うと、代用品を使ったとしても、そのものの味にはなりません。

 ただ材料が揃わなかったり、それっぽく仕上げたい。というときにはちょうどいいと思います。

 1~2人前の料理を作る時に必要な分量の目安です。

豆板醤(とうばんじゃん)

 豆板醤は中国のそら豆から作られた辛めの味噌。

 ◆ 味噌      大さじ1
 ◆ ごま油     小さじ1
 ◆ 醤油      小さじ1
 ◆ 唐辛子(鷹の爪)1~2本
 (一味・七味  小さじ1/2)

 辛めがいいなら、一味か唐辛子・鷹の爪の量を増やしましょう。

甜麺醤(てんめんじゃん)

 甜麺醤は、中国の甘い味噌。

 ◆ 味噌      小さじ2
 ◆ 醤油      小さじ1/2
 ◆ 砂糖      小さじ1/2

 基本は味噌なので、砂糖を入れて甘みを増やせばいいです。

 ◆ 味噌      大さじ1

 日本の味噌は甘めなので、意外とこれだけでも大丈夫。

 (私が麻婆豆腐を作るときは味噌だけでもおいしくできます。豆板醤は本物を入れています)

コチュジャン

 コチュジャンは生で食べられる唐辛子を発酵させたもの。

 ◆ 豆板醤:甜麺醤 = 1:1

 もしくは・・・

 ◆ 豆板醤・甜麺醤のどちらかと、上に書いてある代用品を1:1で混ぜる

 ◆ 豆板醤・甜麺醤の代用品をそれぞれ混ぜる。

 という感じです。

 コチュジャンは野菜や焼いたお肉などにそのままのせたり、ビビンバに混ぜて生で食べることができます。

 ただ、豆板醤はなるべく加熱したほうがいいので・・・

 代用品として作る場合には、混ぜたものを加熱しましょう。

 (味噌をフライパンなどで過熱するときは、ひっついて焦げ付いてしまうことがあるので注意しましょう!)

 

XO醤(えっくすおーじゃん)

 XO醤は、干貝柱や干しエビ、金華ハムなどの高級食材を材料として作られたものです。

 ◆ オイスターソース

 もしくは・・・

 ◆ オイスターソース
 ◆ 干しエビ・干貝柱  細かく切ったもの

 を混ぜあわせるといいでしょう。

 オイスターソースは、「牡蠣」から作られたソースなので、

 海鮮の風味はXO醤と少し似ています。

どうしても日常的に料理をしていると、急に調味料が無くなってしまうことがあります。

そんな時に、ちょっと代用品で味付けをして、料理を美味しくいただきましょう!

私が料理をするときは、だいたい代用品で調理をしています。

それでも、中華料理として美味しく出来上がりますし、家族の誰も代用品だなんて気にしません♪

強いて言うなら・・・

麻婆豆腐のように、豆板醤と甜麺醤の2つを使わないといけない時は、

片方だけでも本物を使います。

・・・片方ならごまかせるけど、両方となると、さすがにちょっとだけボロが出ますから。

味噌がないので味噌の代用品は?・・・というお話は今回はなしでおねがいします♪


スポンサードリンク