お墨付き・折り紙つきの違いとそれぞれの意味とは?

昔から「お墨付き」「折り紙つき」なんて言葉を聞きますが、それぞれの違いと由来って知ってますか?

「お墨付き」と「折り紙つき」は、それぞれ凄いもの、素晴らしいものに付いているんです。

ただ、その使い方は別です。

ということで、「お墨付き」と「折り紙つき」の違いと意味を調べてみました!

スポンサードリンク

意味
 お墨付き

 お墨付きとは、に対して使うものです。

 もとは、将軍や大名が作った「墨の華押」という文書のことを言いました。

 これは、権威のある人や、権力の高い機関から許可や商人を得ているという証です。

 「偉い人からの信頼を得て、何らかの許可を得ることができた」ということです。

 昔は、将軍や大名から領地を貰うとき、その証明・保証・確認ができる文書を残したことが、

 「お墨付き」の始まりと言われています。

 「上司からお墨付きをいただいた」など

 折り紙つき

 折り紙つきとは、に対して使うものです。

 物を作った時に付ける文書や、鑑定書のことを言います。

 平安時代から、贈呈品を送るときには、その物が確かな品質を持っていることを示すために、

 公式文書や目録として作られた、文書のことです。

 主に、美術品や刀剣など、名のある名手が作ったものや、酒蔵などの有名所の名が刻まれているものなど、

 確かな保証がされているものことを「折り紙つき」と言います。

 「折り紙つき」は物に対して使うものですが、

 最近では、腕や品質が確かなものを指す言葉として、に使われることもあります。

 料理の腕前など、その人の持っている技量や能力、技術が優れいているという意味で使われます。

 「この刀は折り紙つきだ」など

お墨付きと折り紙つきの違い

 由来にあるように・・・

 お墨付きはに対して。

 折り紙つきはに対して。

 ということでしたが・・・

 もっと明確には、

 折り紙つきの場合は確実な品質を持って確かなものであるという証明。ですが・・・

 お墨付きの場合は、上位の信頼と認識によって得られるものであって、

 もし、お墨付きをくれた上位よりも、更に上がいた場合には、効果が消えてしまったり意味がなくなったりします。

 「○○さんがくれたお墨付き」は、友達には凄いと褒められるが、他人からは気にもとめられない。

 そんな感じです。

 お墨付きの場合、それをくれた人によっても効果が少し違ってくるんです。

 

 注意!
 お墨付き・折り紙つきは、良い意味で使う言葉です。

 悪いものに使う場合は、「札付き」を使います

札付きのワル。など、悪いことをすると定評の人を指します。

いろいろありましたが、覚えておいて損はないと思います。

会社なんかで間違えると、恥ずかしくなっちゃうこともありますからね。

でも、そんな時は百聞は一見にしかず、ということで勇気をだして聞いてみるといいでしょうね。

 

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

スポンサードリンク