七五三とは? いつお参りをするもの?

七五三のお参りは子どもにとっても、親にとっても嬉しい行事ですよね。

でも、いつお参りをすればいいのでしょう?

それに、お参りといってもなにをしたらいいの・・・?

ということを、まとめてみました!

スポンサードリンク

七五三とは?

 七五三とは、子どもが無事に成長していることを神様に見せて感謝する日のこと。

 子どもの成長をお祝いする日なのです。

 3歳・5歳・7歳と、2年おきにお祝いします。

 七五三は、11月15日にあります。

 これは、「鬼宿日(きしゅくにち)」と言われる吉日です。

 悪い鬼が邪魔しに来ない、お参り日よりということですね。

 安心して神社にお参りができる日です。

753

 

七五三のうち・・・

 3歳と5歳は男の子

 3歳と7歳は女の子

 と、男の子と女の子でお祝いをする年が少し違います。

 昔は一緒に行っていましたが、今では分かれていることのほうが多いです。

 ここで・・・

 七五三のお祝いするのは、数え年という古い年齢の数え方。

 子どもが生まれると、その生まれ年を1年と数えるのです。

 普通の数え方だと、翌年の誕生日が1歳の誕生日ということになりますが、

 数え年だと、生まれた年が1歳の年なので、翌年のお正月を迎えると2歳となります。

 生まれた年を1歳と数え、お正月ごとに1歳ずつ増やして数えていきます。

 少しややこしいですが、これが昔からの七五三の年の数え方なのです。

七五三はそれぞれやることが違う?

 七五三は、3歳・5歳・7歳の時に神社などでお参りをします。

 基本は、神社に行って祝詞(神様にお祈りをする言葉)をあげてもらい、

 お祓いをして神様に祈願します。

 でも、神社に参拝して、子どもの健やかな成長を神様に祈願するだけでもいいようです。

 神社に祈願に行った時には、子供の年によって少しずつやることが異なります・・・

 3歳・・・「髪置(かみおき)」

 子どもの長寿を願って、初めて髪を整えてもらい、白髪にみせた帽子をかぶります。

 5歳・・・「袴着(はかまぎ)」

 これは男の子お祝いです。

 初めてをはき、強くてどんなことにでも勝てる男の子になるようにと、

 勝負ごとの場を意味する碁盤(ごばん)の上に立って、東西南北の四方に向かって祈願します。

 7歳・・・「帯解(おびとき)」

 これは女の子のお祝いです。

 これまで、着物を着るときは普通のヒモで結ばれていましたが、

 この帯解で初めて、大人と同じ帯を結んでもらうことができます。

 昔は、子どもが亡くならないように、身体からが出ないようにと、帯を締めていました。

こんな風に、七五三にはいろんなやることがあったり、

女の子と男の子によってやることが違ったりします。

だけど、子どもの成長を願う気持ちはいつになっても変わりません。

11月15日には、家族そろって子どもの成長をお祝いできるといいですね。

 


スポンサードリンク