初冠雪とは? 富士山の初冠雪はいつ?

初冠雪(はつかんせつ)」とは何でしょう? どんな山が冠雪するの?

よく、秋に入って風が冷たくなってくると「初冠雪」というニュースが流れてきます。

そもそも、初冠雪とは何でしょう?

富士山ではいつ、初冠雪が観測されるの?

ということを、調べてみました!

スポンサードリンク

初冠雪(はつかんせつ)とは?

 夏を過ぎた後、山の頂上付近に雪が積もり、

 気象官署という近くの観測台から頂上付近に雪が積もっていることが確認されること。

 初冠雪が確認された山は、「初冠雪を迎えた」と言われて、

 冬の訪れを知る手段として利用されている。

 ただし・・・

 雪が降っただけで雪が積もっていなければ初冠雪ではない

 もしも雪が積もっていても、山頂付近に雲がかかっていて観測できない時も初冠雪にはならない

 1年の間に、雪が積もっている時期と、積もっていない時期がある山に限られている

や

初冠雪はいつ?

 初冠雪はだいたい、北海道なら9月頃から。

 ほかの山では、10月頃から観測され始める。

 ただ、たまに初冠雪が早い年があり、9月や8月に観測されることもある。

 富士山では・・・

 平年並みだと9月30日に初冠雪があります。

 これは、1981年から2010年に観測された初冠雪の日から計算された平均値

 なので、だいたい9月30日前後に初冠雪を迎えることが多いのです。

 富士山で、一番早く初冠雪があったのは・・・

 2008年 8月9日

 この年は、どの山も初冠雪が早かったようです。

 それに対して、一番遅かったのは・・・

 1956年 10月26日

 他の山は、なんと11月後半に初冠雪した山もありました。

その年の気候や、台風の状況によってその年の寒暖が違います。

そのため、初冠雪の観測日が前後してしまうのです。

今年は、冷夏(れいか)だったのか・・・

暑夏(しょか)だったのか・・・を考えてみると、その前後がわかりやすくなるかもしれません。

ただし、初冠雪は頂上付近に雪が積もっただけではなく、

それを麓から見ることができるくらいに晴れ渡った日にしか観測されません。

もし初冠雪を見ることができたら、すごくラッキーな事なんじゃないでしょうか?

 


スポンサードリンク