本革・合革の違いとは? それぞれの特徴まとめ

革製品を買う時に、本革合成皮革(ごうせいひかく)・人工皮革(じんこうひかく)・・・

って、いろいろと種類がありますよね。

安くて手頃なものが買いたい時や・・・

革製品を長く使いたい人は、ちゃんと見分けておいたほうがいいですよ!

それぞれの特徴をまとめてみました!

スポンサードリンク

本革とは?

 本革は、天然皮革(てんねんひかく)とも言って、

 「牛」「馬」「鹿」「羊」「オーストリッチ(ダチョウ)」

 「豚」「ワニ」「ヘビ」「鮭」・・・など

 動物の皮を元にして作られた革製品全般のことです。

長所

 ○ 丈夫で長持ち

  手入れをすれば、何十年も使い続けることができます。

 ○ 通気性・伸縮性がある

  ジャケットや靴などに使われることもあります。

  その理由は、身体の熱や汗によって革が自分に合った形に変形します。

短所

 ○ 耐水性が低い

  水を吸う性質があり、雨などで濡れた後にシミになったり、シワが寄ったりします。

 ○ 傷がつきやすい

  革の表面は柔らかいので、尖った物や爪などでも傷がついてしまうことがあります。

 ○ 手入れが必要

  手入れをしなければ、革が乾燥して形が変わってしまったり、硬くなってしまいます。

  ただし、手入れさえすれば長持ちします。

合成皮革(ごうせいひかく)とは?

 よく、合皮といわれるもので、布や不織布などの上にビニールやポリウレタンなどの

 コーティングフィルムをのせて塗装し、革のように作ったものです。

 皮革と名前で使われていますが、動物の革は一切使われていません

 他にも、人工皮革(じんこうひかく)と呼ばれるものもあります。

 人工皮革は、人工的に本革の性質や材質を作ったものです。

 なので合成皮革より本革に近い存在です。

 手触りや質感が本革に似ていて、値段が手頃なので人気もあります。

 ただ、やはり人工的に作られたものなので

 材質は合成樹脂を染み込ませたポリウレタンやビニールです。

長所

 ○ 水に強い

  汚れたら洗うこともでき、ドライクリーニングが可能なものも。

 ○ 傷がつきにくい。

 ○ 値段が手頃

短所

 ○ 劣化が早い

  布に樹脂をコーティングしたポリウレタンを合わせているだけなので、使っていると表面が剥がれてくる可能性も。

  空気や紫外線などに触れていると、しだいに表面にヒビが入り、内側の布が出てくることも。

 ○ 寿命が短い

  劣化が早いので、日常品として使っているものなら、2~3年で表面がひび割れてきます。

それぞれ、長所と短所があります。

これから革製品を愛用していきたいのなら、本革製品を。

安くて色んな物を使いたいなら、合成皮革や人工皮革の製品を。

それぞれ、自分に合った製品を見極めて買う必要がありますよね。

注意が必要なのは、革製品と書かれた商品の値段が高いからと言って、

それが本革だとは限らないということ・・・。

うっかり、値段にだまされないようにしましょうね♪

 


スポンサードリンク