ジャケット・ブレザー・コートの違いとは?

冬になると活躍する、ジャケット・ブレザー・コートですが、違いとは何なのでしょう?

それぞれ、寒い季節に体を温めてくれる大切な防寒着です。

少しだけ覚えて、暖かく過ごすために・・・

ジャケット・ブレザ・コートーのそれぞれの特徴と違いをまとめてみました!

スポンサードリンク

ジャケット・ブレザー・コートの違い

 ジャケットブレザーコートを簡単に分けると、

 「普段の上着制服一番外に羽織るもの」分けられます。

ふ

 ジャケットとは、袖のついた上着の総称です。

 身丈の短いものもありますが、スーツの上着などもジャケットに入ります。

 ただし、スーツとしての上着は薄手のものが多いので、他の服には合わせにくく、

 別のジャケットをスーツとして着るのも不格好になってしまいます。

 普段着や作業着、前開きのものや被るタイプのものなど、様々な物があります。

 ウィンドブレーカーなどもジャケットに入ります。

 ブレザーとは、主に制服として使われることの多い服。

 テーラードという襟の形がおおく、ボタンがダブルやシングルのものがある。

 学生服や軍隊、海軍などの制服として着られている。

 金属製のボタンや左胸に自分が所属する学校やクラブなどのエンブレムを付ける

 コートとは、防寒具として一番上に羽織るもの。

 ダッフルコートやトレンチコートなどがあり、外套(がいとう)・オーバーコートとも言う。

 身丈の長さがいろいろあり、

 腰丈のショートコート腿丈のハーフコート膝丈のロングコート

 昔から、労働者などが動きやすいように着れる腰丈のショートコートから、

 貴族などが豪華な装飾をたくさん施して優雅に着る膝丈のロングコートとして分けられていて、

 一番長い膝丈のロングコートが上品としされている。

 マントのようなものもあり、ケープやマント、クロークなどもコートになる。

 レインコートもやポンチョも一緒。

着ているもののことって、買うときと朝なにを着ようかって考えるときにしか無い気がします。

こういうことを覚えておけば、ちょっとどこかで役に立ったり、

いろんな場所に行った時に自分をかっこ良く演出できるかもしれませんよね。

ジャケット・ブレザー・コート・・・

秋から冬、さらには春もお世話になる服たちなので、もう少しお金をかけたり、

いろんな場所に着て行って楽しく過ごしていたいですね!

 


スポンサードリンク