クリスマスカラーとは? サンタの赤い服とは? 

クリスマスには独特なカラーがありますよね。

赤・緑・白・金など。

それぞれにはどんな意味があるのでしょう?

クリスマスツリーなどに飾るには、どんな形になっているのか?

クリスマスカラーとツリーの飾りについて調べてみました!

スポンサードリンク

クリスマスカラーとは?

 クリスマスカラーとは、クリスマスを象徴する色のこと。

 もともとクリスマスはイエス・キリストの誕生を祝った日で、

 その誕生にまつわる色がクリスマスカラーになっているんです。

d5a01529138ad75288224574e280988a_s

 赤(レッド)

 キリストが十字架に縛られている時に流したを表しています。

 また、アダムとイブの話に出てくる禁断の果実「リンゴ」は、

 「知恵の実」と言って、とても大切なモノ。

 そのリンゴの赤を表しているともいわれます。

 クリスマスツリーでは、リンゴのような赤いボールを飾ります。

 冬にリンゴはないので、赤いボールはリンゴのかわりに木に吊るします。

 緑(グリーン)

 冬でも緑を絶やさない常葉樹のモミの木やヒイラギのこと。

 「永遠の命」や「希望の木」といわれ、生命力の源ともいわれています。

 クリスマスツリーは、主にモミの木を飾って作ります。

 ヒイラギの花言葉「不滅の輝き」で、クリスマスにはピッタリです。

 それに、ヒイラギは赤い実をつけます。

 キリストの頭にも、ヒイラギで作られた(かんむり)をかぶっています。

 今では、ポインセチアが飾られることもあります。

 成長すると葉っぱが赤くなるものです。

d
 ↑ ポインセチア

 白(ホワイト)

 を表現する色です。

 また、神に仕える聖なる天使を表しています。

 純潔や純白など、新しさや美しさ、清さを表すものなのです。

 クリスマスツリーには、空から降る雪のように白いボールを吊るします。

 天使が舞い降りてくる様子にもたとえられるので、

 白い服を着て白い羽を持った天使の人形を飾ることもあります。

 金(ゴールド)

 キリストが生まれた時に輝いたを意味しています。

 「ベツレヘムの星」と言われ、その輝きは黄金で

 「高貴さ」「希望」の象徴とされています。

 クリスマスツリーには、モミの木の頂点、一番上に黄金の星を飾ります。

 キリストの誕生を祝う意味と、人々を導く光を意味しています。

 星以外にも、金の天使をモミの木の頂点に飾ることもあります。

その他の飾り

 キャンディーケーン

 赤と白・白と緑のしま模様の棒状のキャンディー。

 キャンディーケーンのケーンは「」という意味で、形も杖の形をしている。

 羊飼いが持っている杖を意味していて、

 羊飼いは、迷っている羊の首に杖を引っ掛けて、群れに戻してあげたりします。

 そこから、キリストが羊飼い、人々が羊として考えられて、

 迷っている人をキリストが正しい道に導いてくれるという意味があるのです。

Candy Cane

 靴下

 昔、とても貧しい家族がいて、子どもたちも働いていました。

 それを知ったサンタが、プレゼントとしてたくさんの金貨を暖炉に投げ込みました。

 すると、投げ込んだ金貨は暖炉に干してあった靴下の中にたくさん入って、

 子どもたちはとても喜び、それからは幸せに暮らしました。

 という、サンタが生んだ偶然から飾られるようになりました。

 今では、お金ではなく、お菓子など小さなプレゼントが詰まっていることが多いようです。

サンタの赤い服の意味

 実は、サンタの赤い服は昔からではありません。

 世界中にサンタの絵や文献はありますが、その中のサンタは、

 緑の服を着ていたり、真っ白な服だったり、紫だったりします。

 そんなサンタの服を一色の赤色にしたのが・・・

 なんと「コカ・コーラ」!!!

 コカ・コーラは、コーラをのイメージカラーの赤をサンタに着てもらい、

 それで宣伝をしたのです。

 それがいつしか定着し、サンタの服は赤。となったのです。

     

  


スポンサードリンク