サンタにクッキーとミルクを置いておくのはなぜ?

mi

クリスマスと言えばサンタクロースがプレゼントを持って家にやってきてくれる!

とってもワクワクする日ですが・・・

そんな日に、サンタさんのために置いておくクッキーとミルク。これは一体なぜ?

クリスマスのサンタクロースについて、いろいろ調べてみました!

スポンサードリンク

クリスマスのサンタの仕事

 クリスマスになると、サンタクロースは世界中の国々の子どもたちにプレゼントを配ります。

 ただし、その年にいい子だった子どもしか、そのプレゼントはもらえません。

 そして・・・世界中にはおよそ200ヵ国もの国があるので、とっても大変です!

 サンタクロースは、クリスマスの夜を一日かけて周り、世界中を飛び回るのです。

mi

クッキーとミルクはサンタへの贈り物?

 クリスマスはいろんな人にとって、とっても楽しい一日でしょう。

 そして、サンタさんはその楽しさを支えてくれているんです。

 サンタは煙突からいい子のいる家にやってきます。

 そして、クリスマスツリーの下や子どもたちの枕元にプレゼントを置いていくのです。

 最近では、暖炉のない家もあるのですが、サンタはちゃんといい子の家にやってきてくれるみたいですね。

 サンタは世界中のいい子のいる家にプレゼントを配るのが仕事ですが・・・

 世界中を飛び回るのってとっても大変ですよね。

 そんなサンタの疲れを少しでも癒やすために置かれたのが、

 クッキーとコップ1杯のミルクなのです。

 サンタが入ってくる暖炉の側や、クリスマスツリーの近くに置いておくと、

 疲れたサンタがそれを見つけて、ちょっと休憩してくれるでしょう。

 「お疲れ様」と「ありがとう」の気持ちを込めて置いておくといいかもしれませんね。

クッキー1

海外では・・・

 海外のスウェーデンやノルウェーなどの北欧では、

 家に住み着いている妖精がいます。

 その妖精は、いつも屋根裏や農具などを置いている納屋にいて、

 人間には内緒で農業や家畜などの世話を手伝ってくれているようです。

 だけど、その妖精を怒らせてしまうと、イタズラをされたり、作物が育たなくなったりと大変です。

 なので、クリスマスの日には妖精の好きなミルクかゆを作って屋根裏や納屋に置いておきます。

 いつも手伝ってくれてありがとう。など、妖精に感謝するんです。

 ちなみに、ミルクかゆは牛乳で作ったおかゆで、砂糖や蜂蜜などで甘く味付けされています。

 妖精にあげるミルクかゆには、アーモンドをひと粒入れておくと喜ばれます。

今年のクリスマスは、サンタにプレゼントを貰うだけでなく、

サンタが来てくれた時のために、美味しいクッキーを用意するのはどうでしょう?

自分で焼いたクッキーをサンタが食べてくれるかも!

サンタはどんなクッキーが好きなのかな?

いろいろ用意するとサンタも喜ぶかも知れませんね。

  


スポンサードリンク