除夜の鐘の意味は? 108の煩悩とは?

年末最後の行事といえば、除夜の鐘ですよね・・・でもその意味とは?

どうして108回も鐘を鳴らすんでしょうか?

除夜の鐘にはどんな意味があるのか・・・

1年を締めくくる除夜の鐘について調べてみました!

スポンサードリンク

除夜の鐘とは?

 除夜の鐘とは、12月31日の大晦日の深夜につく鐘のこと。

 だいたい、深夜12時から日付の変わる深夜0時にわたって鳴らします。

 大晦日には、「除日(じょじつ)」「除夜(じょや)」などの呼び方があります。

 「除(じょ)」という字には、古いものを捨て去って、新しいものを迎えるという意味があります。

 大晦日の夜につく鐘なので、除夜の鐘という呼び名になります。

tatemono_otera

 除夜の鐘といえば108・・・

 108とは、人間が持つ煩悩の数といわれています。

 除夜の鐘では、107回を旧年につき、最後の1回は日付が変わった新年に鳴らします。

 それは、新しい年が煩悩に惑わされないようにするため。

 除夜の鐘とは、旧年のいろんな煩悩や悩みを捨て去り、

 新年には煩悩に煩わされず、良い年がおくれるように願いが込められたもの。

a1180_012742

108の煩悩とは?

 仏教の思想の中にある煩悩の数は、108

 その煩悩を払い、鐘の音で身を清めて新年を迎えることができます。

 もともと、寺にある鐘は梵鐘(ぼんしょう)と呼ばれています。

 これは時刻を知らせる時報として使われたり、

 法要を知らせる時に音で知らせることもあります。

 仏具として、煩悩や悩みなどを断ち切ってくれる力もあるとされているので、

 除夜の鐘として、旧年と新年の区切りに鳴らされているのです。

除夜の鐘は誰でもつける?

 除夜の鐘は、当日鳴らすお寺などに行くと、つくことができます。

 整理券が配られ、つく人は順に並んで鐘を鳴らしていきます。

 ただし、大晦日のお寺の法要が終わってから

 ほとんどは108人が一人ずつ鳴らすことができますが、

 お寺によっては、108回目の除夜の鐘はお寺の方がつくところもあります。

 もし鐘をつきたいのなら、12月31日の大晦日、お昼くらいからお寺にいることをおすすめします。

 始まる数時間前に整理券を配布するところもあれば、

 混雑を避けるために昼頃に配るところもあります。

 近くのお寺で整理券の配布時間を確認してから行ってください。

 当たるも八卦、当たらぬも八卦。

 あまり気張らず、のんびりと出店をまわりながら大晦日を満喫できるといいですね。

 


スポンサードリンク