初夢とはいつ見る? 初夢を見るためには? 

9e9a29404c8b31956d75ecd59f88e49a_s

初夢とは、元旦に見るもの? 大晦日に寝て、その日に見る夢?

新年を迎えた夜には、寝ている時に見る夢でその年のことが占えます。

初夢に見ると縁起の良いとされているものを見るためには、ちょっとした工夫がいるんです!

いつ見た夢が初夢なのか、どうやったら縁起のいい夢が見られるのか調べてみました!

スポンサードリンク

初夢とは?

 初夢とは、新年で初めて見た夢のことをいいます。

 昔は、元旦から2日の間の夜に見る夢が初夢とされています。

 いろんな人の認識によって違いますが、

 江戸時代頃から、2日に見る夢が初夢というのが一般的に広まっています。

 もちろん、大晦日から元旦にかけての夜に見た夢も初夢になります。

9e9a29404c8b31956d75ecd59f88e49a_s

縁起のいい初夢とは

 一富士 二鷹 三茄子

 これのどれかが出てくると、とても縁起が良くて良い年が送れると言われています。

 全て、しかも順番通りだと、その年は順風満帆で夢が叶う年になるかもしれません。

 一富士二鷹三茄子にも、それぞれ意味があり、見たものによって運勢も変わります。

 一富士 ・・・ 末広がりでいいことがある

 二鷹  ・・・ 賢くてとても強い鳥

 三茄子 ・・・ 物事を成す(なす)事ができる

 語呂合わせなど、いろんな説があります。

 → 一富士二鷹三茄子とその続きについての詳しい記事はこちら! ←

縁起の良い初夢を見るためには?

 昔からの、初夢を見るためのおまじないがあります。

宝船の絵を枕の下に敷く

 宝船には、金銀財宝と七福神が描かれています。

 七福神とは福をもたらしてくれる、七柱の神様のこと。

 「恵比寿(えびす)」「大黒天(だいこくてん)」「毘沙門天(びしゃもんてん)」

 「弁財天(べんざいてん)」「福禄寿(ふくろくじゅ)」「寿老人(じゅろうじん)」「布袋(ほてい)」

 の七人の神様が描かれている宝船の絵を枕の下に敷いて寝ると、

 良い初夢を見ることができるし、幸運が訪れるといわれています。

「獏(ばく)」の絵・字を枕の下に敷く

 「」とは、悪夢を食べてくれるという、幻獣(げんじゅう)です。

 悪夢を食べてくれるので、悪いことは起こらないとされ、

 枕の下に獏の絵や字を書いた紙を敷いて寝ました

 また、宝船の絵の裏に獏と書くと、悪夢は獏が食べて、七福神が福を運んできてくれる。

 といわれているので、2つを合わせたものもあります。

回文(上から読んでも下から読んでも同じ言葉)を寝る前に唱える

 初夢を見るためのおまじないで使われていた回文は

 長き世のとをの眠りのみな目覚め波乗り船の音のよきかな

 (なかきよのとをのねぶりのみなめざめなみのりぶねのをとのよきかな)

 この言葉を寝る前に3回唱えると、良い初夢が見られるといいます。

 また、この回文を書いた紙を枕の下に敷いて寝るのもいいとされています。

 絵や字などは、昔では正月前になるととても高価で売り買いされていました。

 絵にもランクがつけられていたり、宝船の裏に獏が書かれているとさらに値が上がったり・・・

 と、お正月の一大商売にもなっていたようです。

 

もしも悪い夢を見てしまったら・・・

 その時は、宝船の帆に「獏(ばく)」と書いて、川に流すか、土に埋めて

 災厄などを除いて払います。

 また、悪夢を午前中のうちに他人に話すと、夢での出来事が現実では起こらない

 ということもあるので、悪夢を見てしまった時には、なるべく早く人に話しましょう。

 初詣などで、お祓いをしたり、縁起の良い絵の書かれた絵馬をもらって枕元においておくといいです。

    


スポンサードリンク