一富士二鷹三茄子の意味とその続きとは?

初夢で見ると縁起が良いとされている一富士二鷹三茄子

その意味とは一体どんなものなのでしょう?

一富士二鷹三茄子・・・その後にはまで続いていた・・・

なんてことを調べてみました!

スポンサードリンク

一富士二鷹三茄子とは?

 初夢で見ると縁起がとてもいいとされているもの。

 新年を迎えて一番最初に見た夢が初夢とされていて、

 夢の内容によって、その年の吉凶・運勢を占うことができるのです。

 由来としては、いろんな説があります。

 

徳川家康説

 今の静岡県が「駿河の国」と呼ばれていた時代に、徳川家康が

 日本で一番高い富士山と、富士山に住む強い鷹、他の地域よりも一番早く出荷していた初茄子

 を並べたのが始まりだと言われています。

 

語呂合わせ

 日本一の富士の山、強くて賢い鷹は富士に住み、茄子は物事を成すのに必要。

 富士 → 無事・不死

   → 高い・高み

 茄子 → 成す

 というものがあります。

 どれを見ても、とても縁起が良くて夢を目指す人にとって

 希望や意欲に繋がるものになりますね。

は

一富士二鷹三茄子の続き

 一富士二鷹三茄子・・・に続きがあります。

 四扇(しおうぎ) 五煙草(ごたばこ) 六座頭(ろくざとう)

 四扇(しおうぎ)とは、扇子とも言われる大きな

 末広がりの形から、とても縁起がいいとされています。

 五煙草(ごたばこ)は、煙草の煙を指しています。

 昔は、祭りの席や祝などの盛り上げや、お香のように人を和ませるものでもありました。

 そして、煙は上にしか登らないので、縁起がいいと言われます。

 六座頭(ろくざとう)の「座頭」とは、琵琶法師や鍼灸師などをする盲人のこと。

 座頭は、剃髪をしていて毛がなかったので、「怪我ない」という語呂合わせから

 縁起のいいものとして言われています。

一富士二鷹三茄子四扇五煙草六座頭の関係

 一富士二鷹三茄子四扇五煙草六座頭は、お互い対になっています。

 一富士四扇 ・・・ 富士山と扇の形が末広がりで、子孫繁栄や商売繁盛の象徴。

 二鷹五煙草 ・・・ 鷹と煙草の煙は天高く昇ることから、運気の上昇を示唆。

 三茄子六座頭 ・・ どちらも毛が生えていないので、怪我がないということで家内安全

 それぞれの形や性質が合わさって、演技の良いものとして支えあっています。

 この内のどれかを初夢で見ると良いとされています。

 また、1から3までを順に見ることができれば、その年はきっと順風満帆に進むことができるでしょう。

 

もし、初夢で悪夢を見てしまったら・・・

 その時は、宝船の帆に「(ばく)」という文字を書いたものを川に流すか、土に埋めましょう。

 宝船は福を運んでくれるもので、獏は悪夢を食べてくれる幻獣です。

 この宝船に悪夢をのせて、獏に食べてもらって、水に流すか土に返して、

 悪夢の災厄から身を守る事ができます。

 また、悪夢を見たら、その日の午前中のうちに誰かに悪夢を話すこと。

 そうすると、悪夢は現実にはならないと言われています。

 悪いことは吐き出してしまったほうがいいということですね。

いろんな工夫をしながら、良い初夢が見れるといいですね。

 → 縁起の良い初夢が見れるおまじないの方法はこちら! ←

  


スポンサードリンク