木枯らしとは? 木枯らし一号について。

毎年、秋になると吹く木枯らしですが、一体何なのでしょう?

木枯らし一号とは、どんな一号なのか・・・

木枯らしについて調べてみました!

スポンサードリンク

木枯らしとは?

 木枯らしとは、冷たく乾いた北寄りの強い風のこと。

 この木枯らしが吹くことによって、気温が下がります。

 さらに、木枯らしはとても強い風なので、

 風にあおられたり、災害につながる可能性があるので、

 注意報や警報などが発表されることもあります!

紙花

木枯らしが冷たく乾いた風の理由。

 木枯らしとは、冬に吹く季節風のこと。

 季節によって季節風の吹く方向が違い、冬の木枯らしは

 ユーラシア大陸のあるのほうから吹いてくる。

 北風は、日本海を通過する時に水分を含むけれど、

 日本海側の地域でを降らせて水分を失い、乾いた風になる。

 それが山を超える時に、山の上にある冷たい空気冷やされて、

 乾いた冷たい風になる。

木枯らし一号とは?

 木枯らしが吹くのは、立冬の前の毎年10月半ばから11月末にかけて。

 その間に、一番最初に吹いた木枯らしが

 「木枯らし一号」として気象庁から発表されます。

 木枯らし一号を確かめるのは、風速

 「風速8m/s」といって、1秒間に8mの距離を移動する、北側からの風

 木枯らし1号になります。

 ただし、発表される地域は大阪地方東京地方

 その他の地域では、木枯らし一号が吹いたという発表はされません!

 もともと、その他の地域で木枯らしを計測することがなかったので、

 東京と大阪以外の地域では発表はされません。

 もし、他の地域に住んでいる場合は、東京と大阪のどちらか近い方の発表を見ましょう。

木枯らし一号は、秋の季節風です。

それと似ているのが春の春一番という風。

春一番は、南から吹く強い風で、吹き始めると

だんだん暖かい気候になっていきます。

 → 春一番の詳しい記事はこちら ←

木枯らしが吹くと・・・

 木枯らし一号が吹くと、北風と一緒に冬型の気圧配置が現れます。

 これは、冬の寒さをもたらすものです。

 冬型の気圧配置は、とても強い風を吹かせて、気温をガクっと下げてしまいます。

 なので、木枯らしが吹いたら、冬支度をしっかりとしておくことが大切です。

 肌着やヒーターなど、手軽に体を暖められるものを出しておきましょう。

 これから冬に向けて、どんどん気温が下がっていくので、その前の対策をお忘れなく!

 

 

 


スポンサードリンク