春一番とは?

春の訪れを告げる春一番とは、なんでしょう?

風のことなのですが、どうして春一番という名前になったのでしょうか?

じきに気候が暖かくなってくる時期なので、

春一番とは何なのか、調べてみました!

スポンサードリンク

春一番とは?

 春一番とは、春に吹く季節風のこと。

 毎年、2月から3月の半ば・立春から春分の間に吹く、

 南寄りの強い風が春一番になります。

 春一番は、冬から春の変わり目でもあります。

 観測される立春から春分の間に、

 南からの「風速8m/s(1秒間に8m進む風)」が観測されて、

 さらに気温が前日などと比べて上がっていると、

 春一番が吹いたということになります。

 ただ、毎年決まって吹くというわけではなく、

 立春から春分の間に強い風が吹かず、春一番がない年もあります。

さ

春一番が吹くと・・・?

 春一番は南寄りの風

 なので、春一番が吹くと気温が上がります。

 春一番が吹いた日を境に、に向けてだんだんと気温が上がり、

 春の日差しや陽気が訪れてきます。

 ただ、春一番はとても強い風なので、

 竜巻が起こったり、突風で物が飛ばされたりすることがあるので、

 とても危ないこともあります。

 もし、その年に何度も「風速8m/s」を超える風が吹くと、

 春二番・春三番・・・というふうに増えてい呼ばれます。

春一番は危ない?

 春一番はとても強い風なので、「春の突風」ともよばれます。

 昔から、船が転覆したり、雪崩などを起こすこともあります。

 一番、海での海難事故が多く、とくに漁師などが気をつけている風です。

 過去には電車が風に煽られて脱線して転覆したこともあります。

 時には、突風竜巻が起こるので、気をつけないといけません。

最近の天気予報なら、突風が起きやすい日にはちゃんと伝えてくれますし、

春一番が吹きそうなら、きっと予報で伝えてくれます。

その予報を聞きながら、毎日の天気の変化と

暖かくなってくる機構の変化を楽しんでみてはいかがでしょうか♪

春一番は強い風で、危ないこともありますが、

春が始まる一番の知らせでもあるので、春一番を感じることができると、

なんだか新しい季節に向かって頑張れる気がしますね!

春一番とにている季節風として、木枯らし一号があります。

木枯らし一号は北寄りの風なのですが、計測方法が似ています。

木枯らしは乾燥していて冷たい風です・・・!

 → 木枯らし一号についての詳しい記事はこちら ←

  


スポンサードリンク