巻きずし、太巻き、海苔巻き、恵方巻き、の違いとは?

 
巻きずし、太巻き、海苔巻き、恵方巻き・・・それぞれの違いとは?

お寿司屋に行くと、必ず回ってくる巻きずし、

お寿司の盛り合わせの中にも、太巻きが入っていたり、

節分になると、恵方巻きを食べたりします。

しかも、関西と関東では呼び名が違ったり・・・

巻きずしの違いについてをまとめてみました!

スポンサードリンク

adba780941f5c028581ef508f5ba864f_s

巻き寿司とは?

 巻き寿司とは、海苔で酢飯や魚介、玉子焼きやかんぴょうなど

 様々な食材を巻いてある寿司のこと。

 主に関西では「巻き寿司」と呼ばれている。

 関西では太さに関係なく巻き寿司という区別。

 使う海苔は乾燥させただけの焼いていない「乾海苔」。

 破れにくく、巻いた後の色つやがきれい。

 関東では、「海苔巻き」と呼ばれている。

 細巻き中巻き太巻きの区別がある。

 使う海苔は、焼いた「焼き海苔」。

 焼いた海苔は破れやすく、巻きにくいですが、

 海苔の香りとパリッとした感触があります。

巻きずしに使う海苔

 円柱状の巻きずしに使う海苔は、「板海苔(いたのり)」と呼ばれるもの。

 縦21cm × 横19cm の長方形の大きな海苔です。

 味付けはされていません。

細巻き・中巻・太巻きの違い
 細巻き

 普通の板海苔を半分に切ったものを使います。

 中巻き

 板海苔を一枚使います。

 太巻き

 板海苔を一枚か、それ以上使います。

 海苔を付け足してより太くしたり、

 金太郎飴のように絵柄が浮かぶようになっているものもあります。

 恵方巻き

 節分の時に食べる太巻きを、「恵方巻き」といいます。

 具材としては、「七福神」に似せた7種類の具材が入っているものが多いです。

 卵焼き、かんぴょう、きゅうり、しいたけ、うなぎ(穴子)、桜でんぶ、ほうれん草(三つ葉)

 などの具材が入っています。

 ただ、最近ではサラダ巻きなどの太巻きでも恵方巻きとして食べられることもあります。

 鉄火巻き

 江戸前寿司から生まれたもの。

 細巻きと同じですが、形が鉄砲に似ていることから「鉄火巻き」

 主に、マグロの赤身が巻かれている。

 きゅうりの場合は、かっぱがきゅうりが好きということで「かっぱ巻き

803280ee1fec63f687f1276942f044da_s

巻き寿司の形

 巻き寿司は、巻く時に形を変えることができます。

 普通の円形や、四角、または三角

 お祝いごとなどだと、桜の花の形にされていることもあります。

 巻く時に使う「巻きす」を四角く調節して力を加えたり、

 木の棒などを使って形を作ることもあります。

 金太郎飴のような巻き寿司が作りたいなら、

 色んな種類の細巻や様々な形の巻き寿司、色とりどりの具材が必要です。

 最近では、カリフォルニアロールや、

 海苔が内側でご飯が外側に巻かれているのものあります。

 巻き寿司は、自分の好きにアレンジして作ることができます。

お正月や節分、誕生日などの楽しい行事の時に、ぜひいろんな巻き寿司を作ってみてください!

ちなみに、筆者は関西人なので、「巻き寿司」といいます。

海苔巻きとはあまり言ったことがないので・・・

鉄火巻きが大好きです~♪

最近では、海苔と具材を入れてぎゅっと押しただけで巻き寿司ができる

道具もあるみたいですね~♪

めっちゃ便利!


スポンサードリンク