ヘルペスの感染の原因とは?

口唇ヘルペスが人に感染する原因とは、いったい何でしょう?

感染には色んな種類があるし、

ヘルペスがどんな感染の仕方をするのかを覚えておけば、

人から伝染ることも、人に伝染させてしまうこともないでしょう!

スポンサードリンク

口唇ヘルペスとは?

 ヘルペスは、「単純ヘルペスウイルス」というウイルスが原因で起こります。

 口唇ヘルペスの場合、ウイルス唇やその周りに付くことで感染し、

 体調不良や紫外線の浴びすぎ、風邪などで体力が落ちた時に発病、

 もしくは再発を繰り返します。

 症状は、小さな水ぶくれができます。

 痛みと熱、痒みなども現れて炎症を起こします。

 皮膚科で診断してもらい、適切な口唇ヘルペスの薬を処方してもらいましょう。

 ヘルペスは、放っておく症状が長引き、他人に伝染る危険性も増えます。

 市販で、ヘルペスに効く薬はこちら!

 

口唇ヘルペスの感染原因

 ヘルペスの感染は、ヘルペスウイルスと直接触れることが原因になります。

 粘膜感染

 ヘルペスが発病している人の粘膜からうつります。

 ○ 口唇ヘルペスの人とキスをしたり

 ○ その人が飲んだコップなどを使ったり

 ○ ヘルペスを触った手で他人の口や目などの粘膜を触った

 ○ ヘルペスウイルスのついたタオルを使ったり

 とにかく、ヘルペスウイルスが口などの粘膜に付くことで感染します。

 同じお箸やコップ、タオルを使うと、確実にうつります。

 ヘルペスを発病している人は、マイコップマイタオルなど、

 ヘルペスに触れたり、自分の唾液などが付くものはきちんと管理しましょう。

 ウイルスが付いたものは、石鹸や洗剤などで洗うことできれいに殺菌できます。

 もしコップを使ったら、きれいに洗剤で洗えばもう気にする必要はありません。

 患部に薬を塗ったり、状態を確認して触った後は、石鹸で手を洗えばいいのです。

 タオルにウイルスが付いたと思ったら、洗濯機で洗えばいいのです。

 (他の洗濯物と一緒に洗っても大丈夫です。洗剤できれいに殺菌されます。)

 ヘルペスウイルスは、飛沫感染ではうつりません。

 ヘルペスを発病している人がをしたからといって、

 ウイルスは空気中には舞いません。

 ヘルペスが伝染るのは、ウイルスのついた物が粘膜についたときだけ。

ヘルペスウイルスを人に感染させないために

 人にうつさないためには、ちょっとした心がけが大切です。

 早く治すことも大切ですが、その前に体調不良などの

 体の不調を速く治しておくことが必要になります。

 ヘルペスは、身体が弱っているとき、免疫力が落ちている時に発病します。

 もし、ヘルペスが治っても、体調不良が悪化すれば、また再発します。

 ○ 体調を万全にする。

 ○ 発病中はマイコップやマイタオルなど、区別をつけて他人と分ける。

 ○ 患部を触らない、触ったら石鹸で手洗い

 ○ キスなどで他人と直接触れない

 きちんと注意していれば、他の人にうつす心配はほとんどありません。

 気にすることは必要ですが、気にしすぎる必要はありません。

 普段から、身の回りを清潔にしておいて、

 発病している時だけ手洗い、マイタオルなどを心がければいいのです。

ヘルペスの関連記事はこちら。

☆ 口唇ヘルペスを早く治す方法!(最短一週間)

☆ ヘルペスはペットに伝染る? ペットから伝染る?

☆ 口唇ヘルペスを再発させないための唇ケア対策!

☆ ヘルペスを発病・再発させないためには

 


スポンサードリンク