「呉越同舟」の意味とは?

故事成語の「呉越同舟」の意味って知ってますか?

最近では「仲の悪い者同士が一緒に行動すること
という意味で使われています。

でも実は、もともとの意味は違うんですよ。

スポンサードリンク
言葉の成り立ちは?

 「呉越同舟」の本当の意味を理解するにあたって、

 まずは、どうしてこの言葉が誕生したのか、

 その過程を見ていきましょう。

 そもそも、この言葉は「孫子」という兵法の書からきています。

 そこに書かれていた内容をみてみると、

「呉と越は敵対している。

 だが、仮に同じ舟に乗せたとしよう。

 すると、その舟が転覆しそうになったら、

 ひっくり返るのを防ごうとして、お互いに力を合わせるだろう」

 というもの。

(※「」と「」というのは、中国春秋時代の宿敵同士で、
  たびたび戦を起こしていたほど、仲が悪かった国のことです)

本当は全然違う意味

 実は「呉越同舟」というのは

 仲の悪い者同士がお互いを敵視しながらも、

 目の前の困難を乗り切るために協力すること。

 というのが、本来の意味なんです。

 だからといって、

 「仲の悪い者同士が一緒にいること」が

 間違いということではありません。

 言葉の意味というのは

 その時代によって変化するものですからね。

 「もともとは別の意味だったんだな」

 という程度で覚えておくといいと思います。

ちなみに・・・

 「呉越同舟」の「」は「」ではありません。

 「」というのは、木をくりぬいた小型のもののことで、

 丸木ふねの形を表しています。

 小さいので、人力を利用して水の上を進むことができます。

 「」の方は、小型から大型のものなど、全てをあらわしているものです。

 なので、「呉越同舟」では、不安定自分たちで漕がなければならない

 しかも転覆しやすい」の方を指しているのです。

  


スポンサードリンク