「仕事納め」と「仕事始め」はいつ?

年末になると「仕事納め」 年始には「仕事始め

どちらも、いつになるのかちゃんと決まっているんです。

しかも、法律でもちゃんと決められているんです!

正月休みのことを知って、焦らずゆっくりとお正月を楽しみましょう♪

スポンサードリンク

仕事納めとは?

 仕事納めとは、その年の仕事や業務を
 新年に向けて整理し、全て終わらせること。

 だいたい、12月28~30日の間に仕事納めをすることが多い。

 一般の企業だと、28~29日

 金融機関の銀行だと、30日まで仕事をしていることがある。

 また、サービス業などでは年中無休で営業しているところもあり、
 そこでは、会社単位ではなく、働いている個人のシフトなどによって
 仕事納めが決まっていることもあります。

 仕事納めを行う場合、
 営業日と休業日を働いている人はもちろん
 取引先の会社や企業にもきちんと伝えておく必要があります。

和三盆

仕事始めとは?

 仕事始めとは、新年になって初めて仕事をすること。

 毎年、官公庁では1月4日が仕事始めで、「官長御用始め」といわれています。

 そこから、一般の企業なども1月4日を仕事始めとしているところが多いようです。

 だいたい、1月4~5日の間が多い。

 昔は、木こりが初めてを切ったり、
 漁師が初めてに乗ったり、
 田畑を初めて耕したり、する日のことをいいました。

sleepcat_2

期間の決め方

 仕事納めから仕事始めまでのの期間、

 12月29日から1月3日までは

 法律でも決められている、休日なのです。

 これが、「正月休み」と呼ばれているものです。

 ところで、仕事納めの12月28日
 もし土曜日だったら・・・
 すでに休日なので、その前日の金曜日27日

 28日が日曜日だったら・・・
 金曜日の26日

 銀行の場合なら、仕事納めが30日なので、
 その日が土曜・日曜の場合は金曜日になる日
 28日か29日になります。

 仕事始めの1月4日土曜日だったら・・・
 週初めの月曜日、6日

 4日が日曜日だったら、
 月曜日の5日が仕事始めの日になります。

どちらも土日にかぶっていたり、うまくお正月の休日が増えると
なんだかうれしいですよね。

とはいえ、年末年始を休まず働いている人も、会社も、街もあるので、
そんな人たちは無理せずゆっくりしましょうね。

  


スポンサードリンク