結婚式で新札を用意するのはなぜ?ピン札ではダメ?

結婚式に招待されると、新郎新婦の門出を祝って、必ずご祝儀を用意しますよね。

ご祝儀に包むお金には「新札」を使用するというのが常識になっていますけど、
どうして「新札」を用意しなければならないのか、
その理由を知っている人って、以外と少ないんじゃないでしょうか?

スポンサードリンク

どうして「新札」でなければならないの?

「新札を用意するのって、めんどくさいよね~」
と思われる方、実は多いんじゃないですか?

「財布の中に入ってるお札でいいじゃん」
「お金としての価値は変わらないんだから」

・・・なんていう声が聞こえてきそうです

新札を用意しなくちゃダメ」というマナーどうしてできたのか、
ということについてはいろんな説があるみたいです。

今回はその中でも、もっとも有名なものをご紹介しますね。

その理由とは・・・

「あなたの幸せを心待ちにしていました!」

という意味を込めるため。

これ、どういうことかといいますと、
結婚式の案内って、だいたい式の2~3ヶ月くらい前に届きますよね。

新札っていうのは、事前に用意しないと手に入らないものなので、

事前にご祝儀を用意して、あなたをお祝いする準備をしてたんですよ!

という意思を伝えるのに最適なんだそうです。

ピン札ではダメなの?

「新札もピン札も一緒でしょ~?
 どっちも見た目はキレイなんだから、どっちでもいいじゃ~ん」

・・・なんていう風に、私も思っていた時期がありました。

実は、新札ピン札って大きな違いがあるんです。

その違いとは・・・

新札  → 銀行で発光した、未使用の新札
ピン札 → 使用してるけど、折り目のないキレイなお札

ということなんです。

いくら見た目がキレイでも、誰かが使ったものだと
「あなたの幸せを心待ちにしてました!」
とは相手に伝わりにくいですよね。

もちろん、「ピン札が絶対にダメ!」ということではありません

「どうしても都合がつかなくて、用意できなかった……」という場合は
ピン札でご祝儀を用意してもいいんじゃないでしょうか?

ご祝儀にも心遣いを

ご祝儀には新札を」というのは、マナーであると同時に、
相手に対しての「おめでとう!」という心遣いでもあります。

ちょっとした手間はかかりますが、
その「ちょっとした手間」で相手が喜んでくれるなら
こっちも嬉しくなりますよね♪

結婚式当日になって「新札がない!」なんて慌てないように
ちょっとだけ余裕を持って用意しておきましょう!

   


スポンサードリンク