結婚式に新札がない!土日でも交換する方法は?

結婚式の当日までにご祝儀を用意しておかないといけません。
だけど・・・

「式はまだだし、時間のあるときに新札に交換しておこう」

なんて考えていたら、結局当日になっても新札が用意ができなかった!
慌てて新札を探し回る。なんて経験、ありませんか?

スポンサードリンク

結婚式は土日に開かれることが多いですから、
当然、その日に銀行の窓口は開いていないので、新札も手に入りません。

こんなときに新札を入手する3つの方法をご紹介します!

言葉

新札を入手できる方法
銀行の両替ATMを使う。

「両替って、1万円を1000円札に変えるときに使うものでしょ?」

いえ、実は旧札を新札に両替することもできるんです。

やり方は簡単。
1万円を両替機に入れて、1万円札を返してもらうだけ。

両替機の中には、あらかじめ新札が用意されていて
1万円→1万円の両替を行う際新札が排出されるようになっているんです。

これで、窓口に行かなくても新札を入手することができます!
(※最寄りの銀行ATMに両替機が設置されているか事前にご確認ください)

コンビニのATMを使う。

コンビニのATMは、ATMの内部に少しでもたくさんお札を入れられるように
新札が多く入っているんです。

ですから、コンビニATMでお金を引き出すと
新札が出てくる可能性がある、ということなんですね。

しかし、これは確実な方法ではありません

一日の引き出し可能金額までお金をおろしても
一枚も新札が出ない・・・。
枚数が足りなかった・・・。
なんて可能性もあります。

それに、コンビニATMを使用すると
そこそこの手数料が取られてしまいます・・・。

新札が足りない時の最終手段として使ってみるといいでしょう。

式場のフロントで交換してもらう

結婚式の会場やホテルでは、「新札がない!」という参列者のために
新札を用意している場合があります。

ですが、確実に用意しているわけではありません

用意されていることもある」ということです。

事前に会場へ連絡して、新札があるかどうか、確認をしておきましょう。

番外編

「銀行の両替もダメ・・・
 コンビニのATMもダメ・・・
 会場に連絡してもダメだった・・・」

なんていう場合の裏技的な切り抜け方もご紹介!

いぬ

◆旧札にアイロンをかける

少し時間に余裕のある方限定の方法です

旧札を、霧吹きなどで少しだけ湿らせましょう。

〇あて布をしてアイロンをかける・・・

〇キレイなピン札に生まれ変わります!

とはいえ、破れていたり深く折り目がついていると
完璧にキレイな状態にはなりませんので、ご注意ください。

この方法は、キレイなピン札を作る方法です。
新札ではありませんが、結婚式当日に
シワシワのお札を持っていくよりいいかもしれません。

注意しなくてはいけないのが、お札のアイロンがけは難しいです。

アイロンのかけ方が悪いと、お札丸まってしまったりコゲてしまったりします・・・。

アイロンをかけるのが得意な人にお願いしましょう!

他の出席者にお願いしてみる

これは最終手段ですね。

会場に来ている人の中には、あらかじめ新札
余分に用意している人がいるかもしれません。

「絶対にいる」とは言い切れませんが、
という緊急の場合には、知り合いを頼ってみるのも
一つの手ではあります。

最後に

余裕を持って用意しておくことが大切

なんといっても大事なのは
緊急事態にならないよう、備えておくこと」
ですよね。

どうしても平日に銀行へ行けないなら、代わりに行ってもらう・・・。

式の何週間か前に、銀行の両替機で新札を入手しておく・・・。

などなど、当日になって焦らないよう、
余裕を持って準備しておきましょうね!

   

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

スポンサードリンク




Fatal error: Call to undefined function wp_related_posts() in /home/timekomi/timekomi.com/public_html/wp-content/themes/xeory_base/single.php on line 78