元日と元旦の違いとは?

元日元旦は、お正月になるとよく使う言葉ですよね。

それにしても、元日(がんじつ)と元旦(がんたん)って、
よく似ていますよね。

どちらもお正月の1月1日を表しているのですが・・・

どういった違いがあるのでしょうか?

スポンサードリンク

元日(がんじつ)とは

 元日とは、新年の1月1日のことをさします。

 元日の「」の字は、「一番初め」という意味があります。
 そこから、一年の一番初めの日として、「元日」といいます。

 大晦日の次の日、初日の出を迎えた1月1日は、
 一日中「元日」ということになるのです。

元日には、門松しめ縄などを飾って「歳神様」を家に招いたり、
おせち料理を食べる風習があります。

元日から1月2日の間の夜には、「一富士二鷹三茄子」という
初夢をみると縁起が良く、その一念がいい年になるとして、
吉凶占いをすることができます。

b708699536a2f60a17a6f11d615a576c_s

元旦(がんたん)とは

 元旦とは、元日の早朝・朝のことです。

 元旦の「」の字は、日の出を表しています。

 下の「一」は地平線
 上の「日」は太陽

 そこから、「一年で一番初めの日の出」ということで、
 元旦といわれています。

 元日の夜明けから日の出・朝の時間帯が「元旦」として呼ばれます。

 ただ、になってしまうと、日の出の時間からはかなり
 時間が経っているので「元旦」とはいいません。

 ちなみに、「元旦の朝」という表現も使いがちですが、
 元旦は元日の朝のことなので、二重表現になってしまいます。

 もし使うなら、「元日の朝」や「元旦」だけでいいんです。

大晦日の夜には、元旦に向けて遠出をし、
富士山展望台などに登って初日の出を見る人もいます。

一年の一番初めの日の出」はとても縁起が良く、
初日の出を拝むとその一年が良い年になるともいわれています。

元日の元旦に・・・

 家によってはおせちを食べてのんびりしたり、
 親戚などが一同に集まって、新年のあいさつをすることもあります。

 子供にとては、お年玉がもらえるとっても嬉しい日でもありますね。

 そんな元日ですが、やはり新年の限られた元旦の間には、

 初日の出を拝んだり、神社に参拝してその年の健康や家内安全などを
 お願いしてみてもいいですね。

 ちなみに、新年に初めて神社に参拝することを、
 「初詣(はつもうで)」といいます。

 皆さん、五円玉をお忘れなく。

 今年もいろんな「ご縁」がありますように。

   


スポンサードリンク