喪中にもらった年賀状ってどうする?返事の文例集!

身内に不幸があり、喪中のはがきを出していたとしても、
お知らせしきれなかった方々から年賀状が届いてしまうことは、少なくありません。

当然のことながら、送り主には悪気があったわけではありませんので、
年賀状を無視してしまうわけにはいきません……。

とは言え、喪中ですから
『寿』や『賀』などの、おめでたい言葉を使うことはできません。

こういった場合、どんな返事を出せばいいのか、文例つきでご紹介します。

スポンサードリンク

寒中見舞いを出しましょう

喪中に年賀状が届いた場合、
「年賀状」ではなく「寒中見舞い」をお返ししましょう。

寒中見舞いは
1月7日(松の内)があけてから、立春までの間に、受取人に届かないといけません。

それを踏まえて考えますと、
寒中見舞いを出すのは、最速で1月5~6日くらいですね。

内容として必要なのは

 ① 寒中見舞いの挨拶
 ② 時候の挨拶(場合によっては省略することもあります)
 ③ 年賀状を送っていただいたことへのお礼
 ④ 近況報告(喪中であることを伝える)
 ⑤ 喪中の連絡が行き届かなかった非礼に対するお詫び
 ⑥ 相手のことを気遣う言葉
 ⑦ 日付

となります。

これらの内容を、必要に応じて追加したり省いたりしてください。

それでは、文例をご紹介していきます。

年賀状が自分宛てに届いた場合

 寒中お見舞い申し上げます。
 年頭のご挨拶をいただき、ありがとうございました。
 私共服喪中でございますため、年末年始のご挨拶は失礼させていただきました。
 連絡が行き届かず、申し訳ありませんでした。
 本年も皆様にとって、良いお年でありますように、お祈り申し上げます。

     平成○年○月

故人宛てに届いた場合

 寒中お見舞い申し上げます。
 この度は、ご丁寧な新年のご挨拶をいただき、誠に有難うございます。
 実は、昨年○月に父 ○○は○○歳にて永眠いたしました。
 ご連絡が送れましたこと、深くお詫び申し上げます。
 故人に代わりまして、生前のご交誼(こうぎ)に対し御礼申し上げます。
 皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。

      平成○年○月

最後に

故人の年齢表記に関しましては、数え年での表記が一般的でしたが、
現在では満年齢での表記も増えています。

どちらの表記にすべきか迷った方は「○○歳(△△歳)」と
数え年と満年齢を併記してもいいでしょう。

上記の文例を元に、必要に応じて文面を書き変えてください。

ただし、「おめでたい」などの内容が含まれないようにだけ
気をつけてくださいね。

 


スポンサードリンク