成人の日の由来とは?

お正月が終わると、次は成人の日ですね。

二十歳になった若者が、毎年きれいな振り袖を着ている姿がみえます。

ところで、成人の日由来とはいったい何なのでしょう?

成人、大人になるということですが、どんな意味があるのでしょう?

スポンサードリンク

成人の日とは?

毎年、1月の第2月曜日成人の日です。

成人の日は、戦後の1946年から始まりました。

そのきっかけは、埼玉県で行われた
一番最初の成人式です。

成人式は、戦後の厳しい社会・将来を担う若者たちを
激励する想いから行われ、全国的に普及していきました。

子どもから大人になった自覚を持ってもらい、
良い人材となって成長してほしいという願いも込められています。

そこから生まれたのが、成人の日なのです。

105537

成人の日の由来

成人式は戦後から始まりましたが、
昔からも、成人を祝う風習がありました。

1月の第2月曜日の前は、
1月15日が成人の日でした。
(1999年まで)

その1月15日は、小正月と言ってお正月の終わり
とも言われています。

小正月には、元服(げんぷく)といわれる、
男子成人として認められる儀式が行われていました。

大人の服を着た男子が、子どもの髪型から大人の髪型に変え、
を着けてもらうことで成人となる儀式です。

女子も、子どもの着物から大人の着る華やかな着物に着替え、
髪を日本髪に結ってもらい、厚化粧をしてお歯黒も付けてもらいます。

そして、大人にしかできなかった引眉と言われる、
眉を剃ったり抜くことも許されるようになります。
その後に、炭でキレイな弓型の眉を書くのがキレイとされていました。

ただ、少し違うのは成人として認められる年齢です。

昔は、16歳あたりが成人とされていました。
今では20歳が成人として、成人式でお祝いされています。

昔と現在の成人の考え方や年齢は少し違いますが、
やはり、子どもが大人になるということは特別だったようです。

成人式は・・・

子どもが大人・成人になることをお祝いして、
仕事をしたり、社会を回していく存在になること。

大人としての責任を持ったり、いろんなことをして
それを自分たちの子どもに伝えていくこと。

昔から、新しい成人となる若者に希望や夢を託すために
行われてきたのが、成人の日、成人式です。

  


スポンサードリンク