バターとマーガリンの違いとは?料理やお菓子の味が変わる?

バターとマーガリンって、パッと見はよく似ていますが、
料理などに使ったときに違いは出てくるのでしょうか?

バターは風味が豊かですから、
お菓子やケーキを作るときに欠かせません。

マーガリンはあっさりしているし、バターに比べて柔らかいですから、
冷蔵庫から取り出して、すぐトーストに塗る・・・というのが一般的だと思います。

スポンサードリンク

高価なバター、安価なマーガリン

一般的に、バターというのはマーガリンに比べて
少々値が張ります。

料理にバターを使用する際、
バターの代用品として、より安価なマーガリンが使えるなら
家計にも優しくていいですよね。

では、実際に料理をするとき、
バターの代わりにマーガリンを使用すると、どうなるのでしょう?

基本的には大丈夫!

料理に使用する際は、
バターの代用品としてマーガリンを使用しても
基本的には問題ありません。

ですが、仕上がりの風味や口当たりなどに差が出てきてしまいます。

一般的には、

・バターを使用したほうが風味やコクが強い。
・マーガリンを使用すると軽くあっさりとした口当たりになる。

と言われています。

bata-_ma-garin

洋菓子やケーキ作りなど、風味や繊細さが重視される料理では
バターを使ったほうが無難だと思われます。

「あっさりした仕上がりにしたい」
という考えがあるなら、マーガリンを使用してもいいでしょう。

どうしてそんな差が生まれるの?

そもそも、バターとマーガリンの大きな違いは

バター   → 牛乳が原料
マーガリン → 植物性の脂肪など、牛乳以外のものが原料

というところにあります。

この製造原料の違いによって、
「バターのほうが風味やコクが強い」
「マーガリンはあっさりしている」
という差が生まれるんですね。

注意が必要な点

バターもマーガリンも、料理に使うときは
好みに合わせて代用するのは大丈夫!

・・・とお話してきましたが、
ここで注意していただかなければならない点があります。

それは、
マーガリンにはトランス脂肪酸が含まれており、
悪玉コレステロールを増加させる原因になり得る、ということです。

実は最近、マーガリンに含まれているトランス脂肪酸による
健康への影響を研究した報告が、続々と出てきています。

欧米などでは、トランス脂肪酸が食品にどれだけ含まれているのか
表示することを義務化したり、
「食べるプラスチック」と言われたりしているるほど
健康に対して害がある、と認知され始めています。

「だったらバターのほうがいいよね」
と思われるかもしれませんが、
バターにも大量のコレステロールが含まれています。

「マーガリンに比べると、バターのほうが身体にいいかな」
という認識でいいと思います。

いずれにしても、これらの食品を多量に摂り過ぎるのは
健康によくないことは確かです。

現在の体調や健康状態を考えつつ、
使う頻度や分量などを調節してくださいね。

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

スポンサードリンク