あかぎれにはハンドクリーム!おすすめの使い方をご紹介!

水仕事をすることが多い主婦や、皮膚が弱い人に多いのがあかぎれ

あかぎれをそのまま放っておくと、
どんどん悪化してしまって、痛くて家事なんてできない!
なんてことになっちゃいますよね。

あかぎれができる原因の一つは乾燥です。

少しでも乾燥することを防ぐことが
あかぎれの予防にもなりますし、
治療する上で、もっとも大切なことになります。

乾燥を防ぐにあたって、
ハンドクリームではなく、ワセリンを使用する方法もあります。
※ワセリンを使った対処法はこちら

今回はハンドクリームを使って乾燥を防ぐ方法について
ご紹介していきますね。

スポンサードリンク

ハンドクリームの効果的な使い方!

ハンドクリームを使用する場合、
日中はどうしても家事をしなくちゃいけない・・・
仕事をしなくちゃいけない・・・

ということがありますので、
あまりベタつかないものを使うのがおすすめです。

さらに、洗い物、洗濯物、お手洗い・・・など、
様々な場面で手は水に触れる機会が多いですので、
乾燥しやすい状況を作ってしまいます。

b0606e07dee32396cbefe7c95513d75d_s

ですから、撥水性が高く、
同時に保湿力も高いハンドクリームを使う
のが
いいのではないでしょうか。

逆に夜中は眠るだけですので、
多少ベタついても、保湿力の高く、コストが低いものを選ぶ

症状が緩和しますし、お値段も抑えられます!

日中におすすめなハンドクリーム

撥水性が高くて、保湿力も高い!
・・・というハンドクリームとなると、
アトリックス エクストラプロテクション
をおすすめします!

このハンドクリームはひび、あかぎれのケアを前提に作られていて
なおかつ撥水性も高いです!

ですので、充分な保湿をしつつ、水仕事もすることができる
という優れもの。

撥水性が高いと、水仕事をしているときに
クリームと一緒に手の脂分が落とされにくいので
おすすめです!

夜中におすすめなハンドクリーム

夜というのは、もっとも大事な時間です!

眠っている間は水に触れない時間になりますので、
一気に手荒れやあかぎれを治すチャンス!

そこでおすすめしたいのが、ユースキンAです。

これは手荒れや肌荒れのクリームとして有名ですね。
手だけではなく、全身に使えますので
かかとや肘、膝なんかにも使えます。

しかも、かなりの大容量ですので、
どんどん使っても大丈夫です!

ただ、一度に大量に使ってしまうと
多少ベタついてしまいますので、

お肌の状態や、自分の好みに合わせて
つける量を加減してくださいね。

「ベタつきは気にならないよ!」という人は
ユースキンAを普段使いにしてもいいと思います。

さらに、敏感肌の人のために
ユースキンSというクリームもありますよ。

あかぎれは、とにかく悪化させないことが大切ですから
ハンドクリームを使って、しっかり保湿をしましょうね!

こちらの記事もおすすめです!
あかぎれの治し方!ワセリンで乾燥から手を守る!
白色ワセリン、プロペト、サンホワイト・・・違いはなに?
あかぎれの原因と、その予防法は?

 


スポンサードリンク