あかぎれの原因と、その予防法は?

02f40cb531478466395b35fa3cf59dfb_s

冬になると悩まされるのが、
痛くてつらいあかぎれですよね・・・。

洗い物をしている途中にぱっくり割れたり、
手がガサガサになったりして、
まともに家事ができなくなっちゃうことも・・・。

なにが原因であかぎれになるのか・・・
そして、どうすれば予防することができるのでしょうか?

スポンサードリンク

あかぎれになる原因

あかぎれになってしまう主な原因としては

・洗剤の使いすぎ
・熱いお湯で洗い物をしている
・手足を濡れたまま放っておく
・体質

ということがあげられます。

こういう状況によって、お肌が乾燥してしまい
結果的にあかぎれになってしまうんですね。

ですので、あかぎれの予防をする場合は
お肌が乾燥しないよう、ケアをしてあげる必要があります。

あかぎれの予防法

1、加湿器をつける

  寒くなると、空気そのものが乾燥しがちになってしまいます。

  それを防ぐために、加湿器を置いてみてはどうでしょう?

  適度な湿度を保つことで、
  お肌の乾燥を防ぐだけじゃなくて、風邪の予防にもなりますよ。

2、ハンドクリームやワセリンを使って、充分に保湿する

  水仕事を終えたときや、寝る前などに
  しっかりとハンドクリームやワセリンを塗っておきましょう。

  そうすることで、お肌が乾燥することを防いでくれます。

  ハンドクリームやワセリンの効果的な使い方は
  こちらを参考にしてください。
  →あかぎれにはハンドクリーム!おすすめの使い方をご紹介!
  →あかぎれの治し方!ワセリンで乾燥から手を守る!

3、水、またはぬるま湯で洗い物をする

  水では冷たいから・・・という理由で
  熱いお湯を使ってお皿洗いをしている方って、多いと思います。

  でも、熱いお湯というのは、手の脂分まで
  一緒に洗い流してしまうものなんです。

  さらに、洗い物をしているときは洗剤を使用しますから
  余計に手が乾燥しやすい状況を作ってしまいます・・・。

  ですので、水・・・で洗い物をするのはつらいので
  ぬるま湯を使うことで、過剰に脂分を落とさないようにしましょう。

02f40cb531478466395b35fa3cf59dfb_s

4、水仕事をするときはゴム手袋をつける

  これはかなり効果的です。
  乾燥の敵となる水や洗剤に、手を触れさせないようにするのですから!

  でも、お肌の弱い人などは、
  ゴム手袋をつけられない場合がありますよね。

  そういう場合は、最終手段として
  食洗機を買ってみる
・・・というのも、ひとつの手です。

  水仕事が少なくなりますから、あかぎれの予防には効果的です!

結局のところ、あかぎれを予防するためには
「いかにお肌を乾燥から守るか」というのが重要になります。

きちんと保湿をして、あかぎれができないままで
過ごしたいですね。

こちらの記事もおすすめです!
あかぎれの治し方!ワセリンで乾燥から手を守る!
白色ワセリン、プロペト、サンホワイト・・・違いはなに?
あかぎれにはハンドクリーム!おすすめの使い方をご紹介!

 


スポンサードリンク