お彼岸とお盆の違いとは?期間はいつ?

higa

お彼岸お盆がありますが、どう違うのでしょう?

お彼岸は春分の日と秋分の日の前後
お盆は7月頃になります。

どちらもお墓参りなどをする人が多いのですが、

お彼岸お盆ではどう違うのでしょう。

スポンサードリンク

お彼岸の期間はいつ?

その年の春分の日と秋分の日の前後3日間を合わせた7日間
がお彼岸になります。

2015年だと、

春分の日が3月21日なので、
3月18日~24日
までの7日間がお彼岸

秋分の日が9月23日なので、
9月20日~26日
までの7日間がお彼岸

ということになります。

higa

お盆の期間はいつ?

お盆は、一般的に7月12日から始まります。

7月13日にお盆入りし、
7月16日にお盆明け

ただ、地方や宗教によっては、
旧暦で月日を数えている場合があります。
その場合は、1ヵ月違いの

8月13日~16日
がお盆の期間になるところもあります。

寺


お彼岸とお盆の意味の違いとは?
お彼岸とは

お彼岸とは、仏教の言葉

いつしかお墓参りをする習慣ができましたが、
元々はそういう意味ではありませんでした。

修行僧が、修行に励むことによって、
現世である批岸(しがん)の煩悩から離れ、
悟りを開いた先にある世界の彼岸(ひがん)
に到達することができる。

という考え方から、
お彼岸は修行僧が悟りを開くための期間だったのです。

しかも、春分の日と秋分の日は、
日の出は真東、日の入りは真西
になる期間です。

西には極楽浄土があるとされていて、
その位置がはっきりとわかることで、
修行にも身が入るのでしょう。

お盆とは

お盆とは、先祖供養をする期間のこと。

7月13日のお盆入りを迎えると、
玄関先で「迎え火」として先祖の霊が家に戻れるように
道標の火を燃やします。

そして、お盆明けの16日には、
送り火」を焚き、先祖の霊を墓に帰ってもらいます。

また、先祖の霊の乗り物として、「精霊馬(しょうりょううま)」
を作ることもあります。

「迎え火」には早く先祖が帰ってきてくれるように
きゅうりで作った早い馬を。

「送り火」には別れを惜しむために
茄子で作った遅い牛で、さらに供物も
一緒に持っていけるように。

など、昔から色々と祖先の霊に対しても気配りがあります。

昔から、各地でお盆休みが設けられるほど、
お盆にはお墓参りなどをして先祖供養をする期間でした。

お彼岸とお盆・・・

お彼岸という言葉は、仏教の言葉で
向こう岸」という意味です。

死んだ人の魂が行く、極楽浄土のことを言います。

お彼岸には仏教僧は修行のためにそこを目指し、
お盆ではそこから先祖の霊を呼んで供養をする。

昔から、それぞれ違う意味として役割が合ったんですね。

 


スポンサードリンク