歯磨きが完璧でも、飲み物で虫歯になる!?

毎日きちんと歯磨きをしているのに、

虫歯になってしまう・・・
虫歯の数が減らない・・・
どんどん増えてしまう・・・

なんてことありませんか?

そんな方は、もしかしたら甘い飲み物がすきではありませんか?

スポンサードリンク

虫歯と飲み物

虫歯になるのは、
歯が食べもののカスや歯垢汚れているため。

もしくは、歯を守るための唾液が少ない場合や
常に飲み物などの糖質などにさらされている場合です。

歯垢などは歯磨きをすればキレイに取れます。
食後30分~1時間後寝る前に磨くのが一番効果的ですね。

ただ、歯の健康を守っているのは歯磨きだけじゃないんです!

歯磨きをしない間に、食べ物の糖質やデンプンを分解して
口の中と歯を健康な状態にして守ってくれるのが唾液なのです。

むし歯

大切なのは唾液!

食事をしたり、オヤツなどを食べると、
口の中にある虫歯菌が、食べものに含まれている
糖質やデンプンを吸収して歯を溶かす酸を出します

これを放っておくと虫歯になってしまいます!

ただ、口の中にはそれを修復する力を持っている唾液があります。

その唾液は、食べ物を食べた後に出てくるもので、
虫歯菌が出した酸を分解して歯を健康な状態に戻してくれるのです。

そうすることで、歯が虫歯にならずに済むのですが・・・

虫歯菌の出すの方が多かったり、
唾液の量がなかったり、
飲み物によって唾液が洗い流されたり、
唾液が酸を分解する暇もなく食べ物を食べ続けたり、
常に唾液ではなく、甘い飲み物に歯がさらされていたり

なんて状況の場合には、虫歯になってしまいます。

気付かない飲み物の虫歯!

虫歯になるということは、
歯磨きが十分でなかった・・・
って思いませんか?

その場合も多いのですが、
実は甘い飲み物を飲んでいて
口の中が唾液ではなく、虫歯菌の酸ばかり・・・!

なんてこともあり得るのです。

実際・・・

歯垢チェックの染め出し掖を使って歯を磨き、
糸ようじも使って歯のケアをして
持ち方の改善して、キレイに歯磨きをしていたにもかかわらず、

虫歯がいくつもできている・・・

という事態になったのが筆者です。

それまでの食生活を見てみると、
常にミルクと砂糖がたっぷり入ったコーヒーを飲んでいたり、
甘い紅茶やココアなど・・・

基本的に糖質が多く含まれている飲み物を飲んでいました。

間食はほとんどしないのですが、
常に糖質の高いものを口に入れていて、
唾液はほとんど出ていない状況でした・・・

そんな中、歯医者に行くと虫歯が9個・・・。
さらに治療中もまた3個発見・・・。

という事態になってしまったのです。

歯医者s

口の中の唾液とケア

虫歯にならないためにも、
食事や間食は一度に片付けましょう。
また、お菓子はフッ素が含まれている
キシリトールガムなどに変えても美味しいですよ。

とにかく、食事と間食のあいだの、
口の中に唾液しかない状態のとき
を多く作ることが大切です。

さらに、飲み物ですが、これは糖質の多い飲み物よりも
お茶などの砂糖を含んでいないもの方がいいでしょう。

特にカテキンが含まれているお茶は、
虫歯の酸を殺菌してくれますよ!

甘いものが飲みたくなったら、
ちびちびと長い間飲み続けるのではなく、
時間を決めて飲み干しましょう。

仕事の休憩や息抜きなどとして時間を決めるのにも
効率が上がっていいかもしれませんね。

口の中の健康に気を付けて、
虫歯に悩まされることのない生活を送りましょう!

  


スポンサードリンク