しもやけの原因を知って予防しよう!

しもやけ

冬になって、気温が下がってくると
かゆ~いしもやけが出てきちゃいますよね・・・。

一旦しもやけになっちゃうと、
なかなか治らないですし、かゆくてかゆくてたまりませんよね!

「しもやけになんてなったことないや~」という方でも
ふとした拍子に、しもやけになっちゃうことって、よくあります。

でも、しもやけの原因を知っておけば
対策をすることで、予防することができます。

どうしてしもやけになってしまうのか、
その原因を詳しくみていきましょう!

スポンサードリンク

しもやけの原因とは?

「手足の指を冷やすとしもやけになる」
というのは、よく聞く話ですよね。

これ、正解なんですけど、ちょっと違います。

しもやけの原因をもっと詳しく説明すると
「寒さなどで体温が低くなったことで
 血管の細い手足などの血流が悪くなることで炎症が起こるから」

となります。

足の親指

つまり、血行が悪くなるから、しもやけになっちゃうんですね。

また、ビタミンEが不足していることで
しもやけになってしまう場合もあります。

ビタミンEの働きには
「血管を拡張させる」というものがあります。

ビタミンE不足になると、血管がうまく拡張されず
血流が悪くなってしまうんです。

しもやけを予防するためには

しもやけにならないために、第一にしなければならないのは
身体を冷やさないように注意することです。

厚手のコートなどを着るだけではなく、
帽子や手袋をつかって、手や耳などの末端部が冷えないように注意してください。

締め付けのある靴やハイヒールをはくのはNGです。
足の血行が悪くなって、しもやけができやすい状態になってしまいます!

仕事柄、どうしてもハイヒールなどをはかなきゃいけない・・・
という人は、靴用のカイロを使用するのがいいかもしれません。

また、ビタミンEが含まれているものを食べるのも効果的ですよ!

アーモンドや唐辛子、ひまわり油などに
たくさん含まれています。

食べ物で摂取するのが難しい場合は
サプリメントに頼るのも、ひとつの方法ですね。

ビタミンEをきちんと摂取することで血行がよくなり、
冷え性や肩こりが改善する、というメリットもありますよ!

基礎代謝をあげるのも効果的

基礎代謝をあげることで、全身の血行がよくなり
しもやけ予防に効果が出てきます。

毎日ランニングやウォーキングを行うのがいいのですが、
いきなり習慣づけるのは難しいですよね・・・。

そういう場合は、軽い筋トレやストレッチを習慣にしてみてください。
お風呂あがりに軽く取り入れるだけで大丈夫ですよ。
(※ただし、湯冷めには注意してください!)

しもやけは、頑張って予防しても
できるときはできてしまうものです。

症状がひどくなってしまうと
かゆみや痛みが、我慢できないレベルになることがあります。

そうなってしまった場合は、早めに皮膚科を受診するようにしてくださいね。

 


スポンサードリンク