大掃除のコツ!簡単にお部屋をキレイにするには?

年末になってくると、
「新年に向けて大掃除をするぞ!」
と意気込んでは、結局あんまりキレイにできない・・・。

なんていう経験をしたことって、多いと思います。

「そもそも大掃除なんて、どこから手をつけたらいいの?」
と、途方に暮れてしまう人もいるでしょう・・・。

掃除っていうのは、頭で色々考えちゃうと
なかなか前に進まないものです。

どうやったら簡単に終わらせられるのか
とっても簡単な方法をご紹介します!

スポンサードリンク

メモに書きだそう!

「大掃除するぞ!」と気負ってしまうと、
「完璧にキレイな状態にしなくちゃ!」
と思って、自分を追い込んでしまいがちです。

たしかに、お部屋がキレイになったら
気持ちよく新年を迎えられそうですよね?

ですが、「あっちもこっちも掃除しなくちゃ!」
と考えてしまうと、掃除なんて手につきません。

大掃除のコツ

まずは「掃除しなくちゃな~」と思う場所を
全てメモ帳やノートに書き出してみてください。

例えば

□トイレ
□お風呂
□キッチン
□ベランダ
□クローゼット

などなど、思いつくままに書いていきましょう。

そうすることで、頭の中が整理されますので
スッキリしますよ!

計画を立てない!

リストを作ると、
「うわっ!こんなにやることがあるの!?」
と驚いてしまうと思います・・・。

普段は掃除しない場所もリストに入ってくるので
数が多くなるのは仕方がありません。

ここで
「よし、お掃除のスケジュールを立てよう!」
と思うと、失敗してしまいやすいのでやめましょう。

どうしてかと言うと、
計画を立てるのは大変ですし、
作った段階で、満足してしまうからです。

まずはパッとリストを見て、
「ここなら簡単にできそうだな」
と思う場所の掃除から始めてください。

そして、掃除が終わったら
リストの横にチェックマークを入れたりして
削除していきましょう。

どんどんリストが少なくなっていくことが
楽しくなってくるはずです!

どんどん捨てる!

片付かない理由のひとつに
「部屋に物が多すぎる」ということがあります。

せっかく気合いを入れて掃除を始めても
「あ、これ懐かしいな~」
「そうそう、こんなの持ってた!」
なんて、つい手が止まっちゃって
気がついたら外は真っ暗に・・・。

こんな経験、誰にでもあると思います。

いちいち必要かどうか吟味していたら
時間がどれだけあっても足りません。

ですので、掃除を始める前に
「過去○ヶ月見てない(着てない)ものは
 捨てちゃおう!」

と決めてください。

この期間は、3ヶ月でも1年でも大丈夫です。
(※短すぎず、長すぎない期間にするといいですよ!)

大掃除は重曹

3種類に分別する!

実際に身の回りの物を片付け始めたときに
「ちょっと捨てるのは・・・」
と考えてしまうものが出てくると思います。

そういうときの対処法として

□必要なもの
□捨てるもの
□保留

の3種類に分別しましょう。

必要なものに分別されたものは
「これは引き出しに仕舞おうかな」
「こっちはクローゼットかな?」
と、おおまかでいいので、
片付ける場所によって塊を作っておいてください。

分別が終わったあとに収納しやすくなりますよ。

捨てるものに分別されたものは
未練を断ち切るべく、どんどんゴミ袋に突っ込んでください!

下手に置いたままでいると、
「やっぱり必要だったんじゃ・・・」なんて
見直しが始まっちゃったりするんですよね。

最初からゴミ袋に入れておけば
「これはゴミ!」と認識できますので
そういう事態を予防することができます。

保留に分別されたものは
とりあえず何でもいいので、箱の中に入れておきましょう。

必要かどうか分からないもの、ということですので
大掃除が終わったあとに、
もう一度じっくり確認できるようにするためです。

分別するときの大きなポイントとしては
3秒以上悩まないことです。

手に取って3秒で「いる!」と断言できないものは
基本的に捨てても大丈夫だと思います。

「後々使うかもしれない・・・」は
ほとんど使いません(笑)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

掃除をするときのコツは
とにかく気負わないこと。
どんどん捨てること。

これが一番重要になってきます。

「頑張って掃除するぞ!」と気負いすぎないようにして
キレイなお部屋で新年が迎えられるようにしましょう!

 


スポンサードリンク