いかなごのくぎ煮の時期はいつ?

春が近くなってくると気になるのが、
いかなごのくぎ煮が発売される時期!

いかなご漁が解禁になるのはいつなのか、
実際に店頭に並ぶのはいつなのか・・・。

毎年、どれくらいの時期に販売開始されるのか
調べてみました!

スポンサードリンク

いかなご漁解禁は2月下旬

いかなご漁の解禁日というのは
海の温度を見たり稚魚の様子を見たりしてから
決められるそうです。

だいたい、毎年2月下旬~3月初めくらいが
解禁日になることが多いみたいです。

というのも、それくらいの時期になって
ようやくいかなごの稚魚が
食べごろの大きさに成長するから、ということなんですね。

いかなごは大きく成長すると
飼料用として扱われることになるみたいなので、
小さいものしか煮付けにできないんですね。
(大きいものは煮付けに向いてないそうです)

ですので、だいたい3月の頭になったら
いかなごのくぎ煮が食べられる
、と考えていいと思います!

いかなごのくぎ煮は関西だけの文化

いかなごのくぎ煮って、関西では有名ですけど、
全国的にはそれほど有名じゃないみたいです・・・。

甘辛くてご飯にぴったりのいかなごのくぎ煮!
時期になると、街中に美味しそうな匂いが漂ってきて
春を間近に感じられますよね。

2月下旬~3月にかけて、
スーパーなどではいかなごのくぎ煮を作るための
鍋や保存容器なんかを販売し始めますから
それをシーズンの目安にしてもいいかもしれないですね。

また、いかなごの解禁日に関しては
ニュースや新聞で大きく報道されることが多いです。

(それだけ地域に根付いている、ということですね)

ですので、
「いつになったら、いかなごのくぎ煮が食べられるんだろう」
と首を長くされている方は、
こまめに新聞やニュースをチェックしてみるといいですよ。

買うならお早めに!

いかなごの漁っていうのは
2月下旬頃~4月末頃までという
かなり短い期間に行われることとなります。

時期を逃してしまうと、
店頭からはぱったりと、くぎ煮の姿が
なくなっちゃいますからね・・・。

あとで「買っておけばよかった!」とならないように
ある程度大量に買っておくといいかもしれません。

 


スポンサードリンク