インフルエンザから肺炎に!?症状はどう進行するの?

インフルエンザ

寒くなると気になってくるのが、インフルエンザ

特に、抵抗力や免疫力の低い子供は、
予防接種を受けただけでは安心できません・・・。

インフルエンザだけでも大変ですが、
実は、インフルエンザにかかったことで
肺炎を併発してしまう可能性がある
って知ってましたか!?

もし肺炎になってしまった場合、どんな症状が出るんでしょうか?

スポンサードリンク

肺炎の症状は見分けにくい

まずは、インフルエンザの基本的な症状がどんなものか
確認してみましょう。

 インフルエンザの症状
 ・急に体温が上昇し、高熱(38度以上)が何日も続く
 ・関節の痛みや腹痛などの全身症状がでる
 ・咳やタン、呼吸困難などの症状がでる

これらの症状が、だいたい3~7日続いてから快方に向かう、
というのが一般的です。
(もちろん個人差はあります)

普通の風邪とは違って、
急に症状が重くなる、というのが特徴的ですね。

では、肺炎の症状というと、どういうものがあるのでしょう?

・・・実は、インフルエンザの症状と
あまり変わらない
んです。

肺炎、と聞くと、激しい咳が出たり
胸に痛みを感じたりする、というイメージが強いですよね。

インフルエンザにかかった場合でも、
これらの症状が出る場合があるんです。

ですので、
現在の症状が、インフルエンザによるものなのか、
肺炎によるものなのか、すぐに判断することはできません。

子供は肺炎になる可能性が高い

子供は、抵抗力や免疫力の弱いので、
インフルエンザにかかってしまうと、肺炎を併発してしまうことがあります。

咳が激しかったり、胸に痛みがあるようでしたら
お医者さんへいって、レントゲンや血液検査をしてもらうと
いいかもしれません。

症状がインフルエンザと似ている、ということで
「検査の必要はないですよ」
と言われることがあるかもしれません。

しかし、肺炎になっていないかどうか気になるのでしたら
少しムリにお願いする、または別の病院で検査してもらう、など
してもらったほうがいいと思います。

・・・というのも、肺炎というのは
だいたいの場合、入院しなければならない
からです。

入院、となってしまいますと、
退院するまでに2~3週間かかってしまうことも・・・。

発見が遅れてしまうよりは、早めに発見できたほうがいいですから、
そこは遠慮せず、お医者さんに聞いておきましょう。

気になったら病院へ

「インフルエンザかな?
 ただの風邪かな?
 肺炎かな?」

と判断に迷った場合は、
すぐにでも病院へ行って検査を受けてください。

当然ながら、素人考えで治療するのは危険ですし
市販の薬は全然効果がないこともあります・・・。

特に、インフルエンザは症状が急激にでるうえ、重症化しやすいので、
症状がでたらすぐに病院へ行ったほうがいいです。

きちんとお医者さんに診察してもらうことで、
心に余裕ができて、治療に専念することもできますからね。

インフルエンザは、かかった本人も、
治療する側も辛いものです・・・。

できるだけ早く完治できるよう、最善を尽くしましょう!

 


スポンサードリンク