イースターとは?分かりやすくご紹介!

「イースター」という言葉、耳慣れない方が多いんじゃないでしょうか?

ディズニーランドでは、毎年イースターのイベントを行っているので、
ディズニーファンの方には馴染みのある言葉かもしれません。

でも、「イースター」って何をする日なのか
ご存知ない方が多いのでは?

スポンサードリンク

イースターは「復活祭」

イースターというのは、キリスト教のイベントになります。

日本でキリスト教のお祭り、というと
「クリスマス」のイメージしかありませんよね?

ですが、敬虔なキリスト教徒の方からすると、
クリスマスよりもイースターのほうが重要!
ということです。

日本はなんだかんだ言って、仏教や神道が根強いですから
あんまりイースターは耳にしませんね。

そもそも、クリスマスっていうのは、
イエス・キリストの生誕祭

という意味を持ちますよね。

じゃあイースターはどうなのか、というと、
イエス・キリストの復活祭
ということになるんです。

イースターは、人間だったキリストが
復活した日を祝って行われるものなのです。

開催日に関しても、
ちょっと複雑な取り決めがあります。

クリスマスは毎年12月25日と決まっていますが、
イースターは、明確な日付が決まっていません。

春分の日のあとに出た最初の満月から数えて、最初の日曜日
・・・というのが、その年のイースターになるんです。

ちなみに、2015年は4月5日がイースターになります!

イースターエッグって?

イースターといえば、卵です!
でも、どうして卵が用いられるようになったんでしょう?

それは、卵からヒナが孵る様子を、
キリストが復活したことに結びつけたから。

この日に用意される卵は「イースターエッグ」と呼ばれ、
殻に色を塗ったりして飾り付けます。

この卵、カラフルに飾り付けるだけではなく、
ちょっとしたお楽しみにも使われるんですよ!

イースターエッグを隠し、
それを探して歩くのが「エッグハント」。

卵の殻を割らないように転がしていくのが
エッグロール」です。

みんなで楽しく、ワイワイ盛り上がるそうです!
日本で言うところの、
お正月のカルタ取り、みたいな感じでしょうか!?

まとめ

まだまだ日本では馴染みの薄い、イースター。

エッグハントなんかは簡単にできますから、
家族や友達を集めて、楽しんでみてもいいかもしれませんね!

 


スポンサードリンク