ナンプラーの代用品まとめ

ベトナム料理などでよく使われるナンプラー

でも、家にナンプラーを置いていることって少ないですよね。
そこで、日本の家庭にある、ナンプラーの代わりになる
代用品には、どんなものがあるのかを調べました。

・・・そもそも、ナンプラーって一体なんなのでしょう?
ナンプラーの代用品は意外と台所にありますよ!

スポンサードリンク

ナンプラーとは?

ナンプラーとは、タイベトナムなどの
エスニック系料理でよく使われるもの。

を塩で漬け込んで発酵させて重石をして漬け込み、
出てきた水分を熟成させて作った魚の醤油のようなものです。

ナンプラーは、魚と発酵臭が混ざった独特な香りが特徴。

旨味のアミノ酸がたくさん含まれているので、
エスニック料理には欠かせない旨味調味料です

タイなどでは、チャーハンのような「ナシゴレン
焼きそばのような「ミーゴレン」などに使われたりします。

また、サラダや刺し身などにかけて食べることもあります。

ed696b_s


ナンプラーは「しょっつる」「いしる」で

ナンプラーは、日本で言うと「魚醤(ぎょしょう)」

魚から作る醤油として同じですが、作り方がそれぞれ違うので、
風味が似ているけれども、味・香りは違います

もちろん、代用することは可能です。

日本の魚醤である

青森の「しょっつる
石川県の「いしる

などの魚醤ナンプラーは代用することができます

料理を作る時に・・・

ナンプラーが足りない!
なんとなくベトナム風に味と香りを近づけたい!
という時に使うといいでしょう。

ただし、ナンプラーの独特な香りは再現できません・・・

7252be881a5_s


ナンプラーと「薄口醤油」

薄口醤油」でもナンプラーの代用になります。

大豆で作った醤油と、で作った醤油とでは
かなり香りも味も違いがありますが、

醤油としての塩加減だけを再現・マネをしたいという時には十分です。

また、ナンプラーの魚の独特な匂いが苦手・・・
という人でも、普通に「薄口醤油」を使うことで
美味しい料理を作ることができます。

薄口醤油をナンプラーに限りなく近づけたい場合は・・・

アンチョビというカタクチイワシをオリーブオイルで塩漬けにしたもの
水分(オイルなどの汁)を加えてもいいかもしれません。

もしくは、日本的に塩辛など・・・
魚の風味に替わる何かを加えてもいいでしょう。

ただし、その場合は自分で加減をしてください。

ナンプラーについて。

ナンプラーは、好みが分かれる調味料でもあります。
ただ、料理のアクセントとしてベトナム料理には欠かせません。
旨味があって、どことなくクセになってしまう人も。

ただ、買ってもあまり使わなかったり、
いざ作りたい時に売っていなかったり・・・
使いドコロに悩んでしまうことも多いので、

手軽に手に入りやすい、ナンプラーの代用品
を覚えておくとちょうどいいかもしれませんね。

   


スポンサードリンク