天気雨とは?狐の嫁入りとの関係!

水花

天気雨狐の嫁入り

最近ではあまり聞かなくなりましたが、
都会でも田舎でも、たまに発生していることがあります。

とはいえ、天気雨とはどんな現象なのか?
なぜ狐の嫁入りという言葉があるのか?
ということを調べてみました!

スポンサードリンク

天気雨とは?

天気雨(てんきあめ)とは、晴天なのに雨が降ること。

空に雲がない状態で雨が降っていることを
天気雨といいます。

どうして降るの?

雨粒が雲から落ちた後、地上に届くまでの間に
雲が消えてしまったり、
風で飛ばされて移動してしまうことがあります。

すると、晴れているのに雨が降る
という現象になるのです。

他にも、
雨粒だけが風で飛ばされて降ることもあります。
その時、空に雲がなければ天気雨になります。

呼び名は、天気雨の他にも「日照り雨」や「涙雨」など
地方などによって違います。

狐の嫁入りとは?


狐の嫁入り
とは、昔の天気雨の呼び名です。
今でも呼ばれることはあり、
全国的にいろんな由来があります。

16d980c7dd2c71234e939a2f08ebc49c_s

どうして狐の嫁入りというのかというと・・・

昔から狐は、化けて人をだますと言われていて、
いろんな不可思議な現象や奇妙なことは
狐のしわざとして伝えられています。

そして、

昔の日本では、お嫁に行く花嫁さんは
夕方ごろに嫁ぎ先のお家に提灯行列で迎えられました

この2つから、

晴れているのに雨が降るのは、が不思議な力を使って雨を降らせ、
お嫁に行く狐の提灯行列が人の目につかないようにしている。

という説があるようです。

ただし、狐の提灯行列を見ると、狐に怒られてしまい、
良くないことが起こる・・・

なんてことも一部の地域に伝わっているので、
狐の嫁入り(天気雨)が降っている時には、
山や森に入らない方がいいようです。

他にも、地方によっては様々な由来があり、
狐の嫁入りがたくさんあると、その年は豊作になるなどもあります。

呼び方も、「狐の嫁取り」や「狐雨」、
人形浄瑠璃や伝説、浮世絵、俳句などにも
いろいろと伝えられています。

天気雨と狐の嫁入りは運がいい

天気雨狐の嫁入りは、晴れの日に見られるものです。
太陽の光が差している時間帯や、風の強い晴れた日など
とても珍しい現象なので、見ようと思って見れるものではありません。

しかも、降っている時間が短いことが多いので、
遭遇することがとても難しいです。

天気雨・狐の嫁入りと虹

にじ

天気雨・狐の嫁入りはとても珍しく、
良いものとされている上、

虹を高確率で見ることができます。

虹は、空気中の雨粒や水蒸気に太陽の光があたって
屈折や反射することで見ることができます。

晴れている時に降る天気雨・狐の嫁入りは、
光を遮る雲が少ないので、虹がよく発生するのです。

天気雨がもし降ってきたら、どこかで狐が嫁入りしたんだな・・・
と思って、心のどこかでお祝いしたり、
虹を探してあたりを見回してみてもいいかもしれません。

なにか良いことも、一緒に見つかるかもしれませんよ。

  


スポンサードリンク