扇風機とサーキュレーターの違いと特徴とは?

暑さ対策や、エアコンの効率をあげるためなど・・・

扇風機サーキュレーターを使う機会が増えますよね。

でも、どんな違いがあるのでしょう?
エアコンと併用するなら、どっちが効率的

扇風機とサーキュレーターの違いと、それぞれの特徴をまとめてみました。

スポンサードリンク

それぞれの特徴
扇風機
長所

・風を全体的に広めることができる。
 体の一部ではなく、全体的に涼しいかぜを受けることができます。

風量の調節が細かくできて、いろんな強弱をつけるなどの
 モードの変更ができる。

・体に風が直接当たるので、冷涼感を感じることができる。

・高さを調節したり、風が当たる位置を細かく調節できる。

稼働音が静かで、就寝時などにも使える。

fd47a008c0d769bf8641eb7c443e6646_s

短所

・風量が弱く、室内の空気を循環させるほどの力はない

オーソドックスなタイプ。最近では、羽が無いタイプもありますね。

サーキュレーター
長所

・強めの風量で、室内の空気を循環させる
 部屋の奥や天上から床まで風を行き渡らせることができる。

・(かい空気はに溜まり、たい空気はにたまる)
 それを強い風でかき混ぜることができる。

・室内の空気を循環させられるので、
 冷房や暖房、除湿機の効率を上げることができる。

・首ふり機能と、風の向きを自動で変える羽が付いていることが多い。

・洗濯物などに直接当てて早く乾かすことができる。

・天上から吊るすタイプなどもある。

a0002_011353

短所

稼動音が大きい

・風量が強く、身体に当てるには強すぎる。

・就寝時には向かない。

おしゃれなものから、安いものまで、色々種類があります。

使い方の違い

扇風機とサーキュレータには、それぞれ長所と短所があります。

使い分けるには・・・

 風で涼むか、部屋の空気を循環させるのか。

どちらかを選ぶ必要があります。

・涼しく過ごしたいけど、エアコンなど利用せず
 節電を考えるなら扇風機

・エアコンや除湿機をより効率的に稼働させ、
 部屋の中の温度、湿度を一定にさせる効果を考えるならサーキュレーター。

洗濯物を乾かすときなどに効果的なのは・・・
扇風機ではなく、サーキュレーターの強い風の方

など、使い方によって効果が違います。

ただ、扇風機だから洗濯物が乾かない・・・
サーキュレーターだから涼しく過ごせない・・・

ということはありません。

用途に合わせて

部屋の大きさや、電気代の問題、子ども部屋、リビング・・・

いろんな用途にあわせて、購入する参考にしたり、

使用する方法を少し工夫してみると、湿気の多い梅雨や

暑い夏、寒い冬も効率的に過ごせますよ!

 


スポンサードリンク