生クリームの代用品まとめ

9145a137f998c6c8f11f20e28afefda4_s

生クリームは少量でも売っていますが、

なかなか常備しづらい食材ですよね。

大さじ一杯、二杯でいいのに・・・
パックで買うのはもったいない・・・

なんてときに、生クリームの代用品をまとめてみました

スポンサードリンク

生クリームとは

まず、生クリームとは・・・

 生乳から乳脂肪分を遠心分離で取り出し、濃縮したもの。

 牛乳よりも濃厚で、乳脂肪分が18%以上のものののこと。

 乳脂肪分が多いため、生クリームは独特の風味と濃厚な味わいがあります。

生クリームの代用品
牛乳+バターで代用

 牛乳だけだと、スープなどにはそのまま代用できますが、

 焼き菓子やホイップクリームなどには水分量が多いので、代用できません

 また、バターだけだと、乳脂肪分が多すぎて水分が少なく

 風味も質感も少し違ってきます。

牛乳には3%以下しか乳脂肪分が含まれていないので

 補うために溶かしバターを混ぜると代用できます

牛乳3:バター1 の割合

牛乳が大さじ3なら、溶かしバターは大さじ1(約12g)

濃厚さを多くしたいときはバターの量を調節してみてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
固形のバターの場合、
大さじ1 = 12g
小さじ1 = 4g

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

095502

ヨーグルトで代用

ヨーグルトそのままなら、バターと混ぜると代用できます

 ヨーグルト1:バター2 の割合

水切りヨーグルトだと、生クリームと同じ分量で代用できます

 ヨーグルトを、キッチンペーペーを敷いたザルに出し、
 一晩ほど置いておくと、水分が抜けます

 砂糖が入っていないプレーンの方が代用しやすいです。

182336

ホイップクリーム(植物性)で代用

 ホイップクリームとは、植物性の生クリームのことです。

 これも、生クリームと同量で代用することができます

 菜種油などの植物から採れる油で作られたものなので、
 乳成分は含まれていません

 生クリームだとすこし胸焼けする・・・など
 乳製品が苦手な人でも食べることができます。

 風味は少し違いますが、安いので手頃ですね。

9dbbd6118a1b4abc0c3e0e76988cb261_s

コーヒーフレッシュ・コーヒミルクで代用

 代用することは可能ですが、製菓などには難しいです。

 もともと、コーヒーフレッシュなどは植物性油から出来ているので、

 乳脂肪分はほとんど含まれていません。

 水分量も多いので、料理の風味付け程度ならできますが、

 製菓にはお勧めできません。

豆腐クリームで代用

 豆腐クリームだと、生クリームと同じ分量で代用できます

つくり方
 豆腐には水分が多く含まれているので、まず水切りしましょう。

 クッキングペーパーなどで包み、水の入ったボウルなどの重しを上に乗せて
 一時間ほど冷蔵庫の中に置いておきます。

 水分が抜けたら、フードプロセッサーなどで滑らかになるまで潰します。

 料理に使うなら・・オリーブオイルなど

 お菓子系なら・・レモン汁、はちみつ、メープルシロップなど

 を混ぜあわせると、ヘルシーな生クリームの代用品として使えます。

6cba81272a3e7e7a06821de0af4b6df3_s

豆乳で代用

 豆腐に比べると水分量が多いので、製菓に使うのは難しいです。

 ただ、クリームパスタやスープ類などの料理になら、代用品として使えます

生クリームの代用品まとめ

生クリームは、乳脂肪分が多く、水分量が少ないので

特に代用品の水分量が関係してきます。

製菓の場合、仕上がりにかなり影響してくるので、

水分量の多い代用品の利用は気をつけたほうがいいです。

ただ、料理の場合には気にせず使えます。

風味や風合い、質感が代用品では変わってしまうことが多いですが、

好みに合わせて生クリームの代用品として利用できますよ♪

  


スポンサードリンク