生クリームの「純正」と「植物性」の違いとは?

生クリームは、二つの種類に分けられています

「純正」「植物性」

この違いは、何なのでしょうか?

比べてみると、値段的には「植物性」の方が安い・・・

生クリームとホイップなど、名前も異なります。

など、いろんな疑問が出てきますよね。

そんな疑問を調べてみました。

スポンサードリンク

生クリーム「純正」と「植物性」とは?

まず、「純正」「植物性」では、原料・主成分がまったく違うんです!

「純正生クリーム」と「植物性ホイップ」と、本来の名前も異なります。

ぷりん

「純正生クリーム」とは?

 純正生クリームとは、動物性乳脂肪から作られた生クリームのこと。

 乳牛から穫れた生乳が原料です。

 生乳から遠心分離で乳脂肪分を取り出し、濃縮して作られたもので、

 乳脂肪分が18%以上含まれているものが「純正生クリーム」といいます。

 乳脂肪分が多いので、独特の香りと濃厚さがあり、

 少しトロッとしていて、乳脂肪分の黄色味を帯びています。

 料理や製菓などに風味やまったりとした質感を与えてくれます。

2289c7d4c4fb38111e5a06387973d16d_s

「植物性ホイップ」とは?

 植物性ホイップとは、植物性油から作られた生クリームのこと。

 菜種油やコーン油、大豆油、ヤシ油などの植物性油脂に乳化剤などの

 添加物を加えられ、人工的に作られた生クリームのことです。

 植物性なのでさっぱりした風味で、粘質も少なく、真っ白色をしています。

 乳製品の匂いや風味が苦手な方でも、安心して食べることができます。

66caa6a3051b38f5597ea80b63dbbc00_s

「純正生クリーム」と「植物性ホイップ」の違い

純正は生乳から作られた乳製品

植物性は植物性油脂から作られたクリーム

バター(純正)とマーガリン(植物性)がよく解りやすい例になるでしょう。

1902f2437710e37e2f85d4432f9912e7_s

純正は味と風味がとても良く、高級品として

製菓店やレストランでも多く使われています。

植物性は、風味などは劣りますが、乳製品の苦手な方でも食べれて、

分離もしにくいので保存も比較的長く出来ます。

純正よりもさっぱりした風合いなので、製菓店や料理にも使いやすいです。

●何より違うのは、値段でしょう。

純正より植物性の方が安価で売られています。

2つまとめて生クリーム

9dbbd6118a1b4abc0c3e0e76988cb261_s

どちらも泡立てればホイップクリームになりますし、

分量も同じで代用もできます。

それぞれの風味や質感を生かして、好みに料理をアレンジすることが出来ます。

料理店や製菓でも、乳脂肪分と植物性のさっぱりさを合わせるため、

混ぜて使うことも多くあります。

むしろ、上手く混ぜ合わせてより美味しいものを作ることも出来ます。

「純正生クリーム」「植物性ホイップ」を使い分けて、

より楽しく美味しいものを作ってみましょう♪


スポンサードリンク