アクリルたわしの効果的な使い方

アクリルたわしは、簡単に手作りできますし、

洗剤などをつけなくても、いろんなものを綺麗にすることができます

その使い方と、簡単なお手入れの方法をまとめました

スポンサードリンク

アクリルたわしとは?

アクリルたわしとは、アクリル100%の毛糸を編んで作られた

スポンジ代わりのたわしのこと。

7f952266480166bfb1f481a584b06cca_s

アクリル毛糸は、細かい繊維でできていて、とても弾力があります。

細かい繊維のおかげで、通気性と通水性があり、

さらには細かい汚れにも引っかかって綺麗に落としてくれます。

アクリルたわしの使い方

アクリルたわしを水かぬるま湯で濡らして使います。

洗剤は必要ありません。

柔らかいので、食器やガラス類でも傷をつけづに洗うことができます。

洗えるもの


●食器
(ステンレス製・ガラス・陶器・木製・プラスチック)
●フライパン・鍋
●キッチンシンク
●ガラス
●鏡
●浴槽・洗面台

など・・・

基本的に、水回りのものは洗うことができます。

ただし、油っぽいものは、先に脂分をキッチンペーパーなどで拭き取るか、

他にもソースなどは水で流してからアクリルたわしで洗うと綺麗になります。

アクリルたわしのここが特徴!

○アクリルたわしの細い繊維は、小さな汚れまで落としてくれます!

 コップに付いた茶渋・コーヒー渋など

 お鍋やフライパンの焦げ付き汚れなども綺麗になります。

 浴槽の湯垢なども綺麗に落とすことができます!

乾いたアクリルたわしの場合、

 窓ガラスや鏡を拭くと曇りが取れますし、

 パソコンやキーボードなどの、窓枠や靴などのも簡単に取ってくれます!

2a4c9060c25e307192f6303c2e3a2894_s

アクリルたわしでやってはいけないこと

●アクリルたわしは、洗剤を付けなくても使えます。

 むしろ、洗剤をつけた場合、滑ってしまったり、

 繊維の周りに泡ができて、細かい汚れを擦れず、落とせなくなってしまいます。

●漂白剤や柔軟剤に付けると、せっかくの細い繊維が崩れてしまったり、

 柔らかくなりすぎて汚れを落とせなくなってしまいます。

●アイロンや火気、鍋つかみとして利用すること。

 アクリルたわしは、アクリル100%なので、熱にはとても弱いです。

 燃えたり、溶けたりしてしまう可能性があるので、絶対に火気には近づけないでください。

アクリルたわしのお手入れ

アクリルたわしは、簡単にお手入れできます。

・水洗いをして、目につく汚れを落とします。

・天日干しで、太陽の力で殺菌消毒します。

お手入れはこれだけです。

ホコリが付いた場合は、ゴミ箱の上などで叩いたり

ダマが出てきた場合は、本体を傷つけないようにハサミで切ります。

汚れ過ぎたり、弾力がなくなってきたり、ペッシャンコになってきたら・・・

換え時です。

1f0477b3b6662873094e5e53af369ccd_s

まとめ

アクリル毛糸は100円くらいで買える安いものです。

暇つぶしなどで簡単に編めますので、ちょっと作ってみるのもいいかもしれませんよ。

  


スポンサードリンク