ヘルペスを再発させない方法

cd567be08bf21b436420da60675a562d_s

口唇ヘルペスは、発症したら完治しない厄介なものです。

ちゃんと治っても、また再発・・・

季節を問わず現れるヘルペスですが、なるべく再発は避けたいですよね。

そこで、ヘルペスを再発させない方法をまとめてみました。

スポンサードリンク

口唇ヘルペスとは?

ヘルペスとは、ヘルペスウィルスが皮膚や粘膜に付着し、感染して発症します。

唇や口の中、目の角膜や性器など、粘膜の薄い場所などで症状が出ます。

症状としては、

・水ぶくれができる
・熱を持っていて痛みを伴う

しかも、感染力がとても高いので、

ヘルペスが発症しているときに使ったタオルやコップを

他人が使うだけで、移してしまう可能性があるのです。

ヘルペスを再発させないために

ヘルペスは、些細な事で再発してしまいます・・・

・寝不足
・疲労
・ストレス

・風邪などで免疫力が低下

・乾燥
・紫外線

寝不足・疲労・ストレス

 どれも、免疫力の低下や体調不良に繋がってしまう状態です。

 この状態が続くと、ヘルペスが再発する可能性が高くなります。

 でも、普段の生活や仕事など、これらを避ける方が難しいですね・・・

 それでも、休憩などを取ってどれか1つでも解消し、

 なるべく、身体と心に負担をかけないようにしましょう。

改善方法

・睡眠をとる(昼寝でもOK)
・ストレッチなどで体をほぐす
・気分転換をする

8c1c4e8697ce7b7a9036effb9188b9d2_s

風邪などで免疫力が低下

 免疫力が低下すると、ヘルペスはすぐに再発しまいます。

 風邪にかぎらず、インフルエンザや体調不良、下痢などの

 身体に不調があるときは特に要注意です。

 風邪など、病気になってしまうと、精神的にも落ち込んでしまいます。

 するとストレスになり、さらにヘルペスが再発する可能性が高くなります。

改善方法

・体調不良を治す
・ビタミンなど、免疫力を高める食べ物を摂る
・しっかり休養を取る
・体を温める

8261e0cd40ba537c49870029c9e79011_s

乾燥・紫外線

 季節を問わず、しかも体調が良くても発症してしまうかもしれません。

 乾燥は特は秋・冬・春に多く、口唇ヘルペスには要注意です。

 唇や肌が乾燥すると、皮膚がボロボロになったり、割れたりします。

 すると、皮膚の中に潜んでいるヘルペスウイルスに刺激が加わって発症します。

 特に、裂けたり傷のついてしまった唇は、唾液や他の細菌などが入りやすく、

 ヘルペスが再発する可能性がとても高くなります。

にじ

 紫外線は、春・夏・秋・冬の年中降り注いでいます。

 特に紫外線のキツイ夏は要注意です。

 紫外線は皮膚の中にまで浸透し、ヘルペスウイルスを刺激して発症させます。

 強い紫外線に当たりすぎて、何の対策もしていないと・・・

 一気にヘルペスが再発し、悪化する・・・などもありえます。

 外出中や、遊びに出かけている時、車を運転している時など、

 スキーなど、冬のレジャー中でも、気をつけないといけません。

ただ、乾燥と紫外線だけは神経質になりすぎるとストレスになるので、

なるべく普段のケアで対策をしているだけで十分です。

乾燥や紫外線が強いと感じる時だけ、特別な対策をしましょう。

改善・対策方法

・肌の保湿や乾燥対策をする
・日焼け止めクリームを塗る
・リップクリームを持っておく
・肌が荒れた場合はすぐに軟膏や薬用クリームなどでケアする
・ビタミンの多い食事を摂り、肌を丈夫に保つ

ヘルペスを再発させないためのまとめ

ヘルペスウイルスは厄介です。

疲れたら休む。体調不良になりそうなら、身体を温めたり体力をつける。

乾燥したらリップクリームなどを塗る。

それでももし、再発しそうだと思ったら、すぐにヘルペス用の薬などを塗っておきましょう。

気づいた時、先にヘルペス用の薬と塗っておくと、症状が少し抑えられますよ♪


スポンサードリンク