原付・スクーター・バイクの違いとは?

買い物やちょっとした用事などで役に立つバイク。

原付バイクスクーターバイクなど呼び方や種類がありますが、

どう違うのでしょう?

買う前、乗る前に調べてみました。

スポンサードリンク

日本でいうバイク

海外などでは、バイクと言えばマウンテンバイクなど、競技用自転車のこと。

日本ではバイクと言うと、エンジン付き二輪車を指します。

今回は、バイクはエンジン付き二輪車ということで説明しますね。

原付・スクーター・バイクの違いとは?

簡単に言うと・・・

原付きは排気量50cc以下。

バイクは排気量125cc以下。

スクーターはバイクの種類の名前。

排気量とは、エンジンの性能を表していて、

小さいとエンジンが小さく、小さな車体で小回り、短距離が得意です。

大きいとエンジンが大きく、大きな車体で長距離が得意で、操作性も上がります。

原付バイクとは?

m

 原付バイクとは、「原動付き二輪車」の略。

 原付バイクなど、排気量が50cc以下のものは、

 自動車の普通免許を持っていると乗ることができます。

 他にも、原付バイク(50cc以下)だけに乗れる原付免許もあります。

 維持費はかかりません。

 年間、1,000円の税金と、自賠責保険・任意保険には加入して払わないといけません。

 基本操作はエンジンを掛けてアクセルを回すだけのAT操作(オートマ)

 ただ、バイクによってはMT操作(マニュアル)で、クラッチ操作が必要な物もあります。

バイクとは?

f23a7f4a54367bc09970775eb3309407_s

 バイクなど、125cc以下のものは、

 自動車の普通免許では乗れません。

 別に、普通二輪免許(小型二輪以上の免許)の取得が必要になります。

 維持費はかかりませんが、

 年間の税金が原付よりも高くなります。

 保険には、同じく入る必要があります。

 AT、MTどちらもありますが、MTの方が多いです。

125cc以上のバイク

 125cc以上になると、維持費がかかります。

 また、大型二輪免許が必要になり、基本操作はMTが主流です。

スクーターとは?

62b26d8ac1ca570d3bef903a1034b9f6_s

 スクーターとは、車体に跨って乗るタイプではなく、

 両足を揃えて座席に座って運転するタイプのバイクの種類のこと。

 基本操作はエンジンを掛けてアクセルを回すだけ。(AT

 座席したが収納トランク担っていたり、

 両足を揃えて乗るので、ステップボードが広いです。

 スクータータイプは原付(50cc以下)に多いですが、

 もちろんバイク(125cc以下)やそれ以上の排気量のバイクにもあります。

 スクータータイプだからと言って、排気量を気にしないで乗っていると、

 無免許運転にもなりかねませんので、気をつけましょう。

原付・スクーター・バイクの違い

・どれも二輪車で、乗るには免許がいる

・エンジンがついていて、操作には少し技術が必要

・AT・MTの好みに合った操作性のものを選べる

・排気量によって、操作性や用途が少し違う

好きな原付・バイクに乗るために、免許やプロテクターなど、

きちんと用意しましょう♪


スポンサードリンク