コアントローとグランマニエの違いとは?

3d47768974c632a5ff4f01ebc513e460_s

洋菓子を作る時やカクテルなど

たまに目にするコアントローグランマニエ

実際、どんなものなのでしょう?

洋菓子のアクセントやチョコレートにも合うんですよ。

スポンサードリンク

コアントローとグランマニエとは?

コアントローとグランマニエは、どちらもアルコール度数40度の洋酒です。

オレンジリキュールと言って、オレンジの香りや風味のするお酒です。

コアントローはホワイトリキュラソー

 オレンジの果皮・果皮エキスと一緒にアルコール蒸留して作られます。

 無色透明でオレンジの甘みと香りがあります。

ボトルは綺麗な琥珀色ですが、中身は無色です。

グランマニエは、ブランデーの一種の「コニャック」が元。

 コニャックに、ビターオレンジの果皮を使って熟成させたもの。

 琥珀色でコアントローよりも香りやオレンジの苦味が強く、

 加熱しても風味が残ります。

高級感のあるボトルで、贈答品としてもよく使われます。

コアントローとグランマニエの違い

コアントローグランマニエは、同じオレンジリキュールの

銘柄の違いということです。

オレンジリキュールの高級品なのが、グランマニエ

グランマニエは香り・味・質感がとても良く、

コアントローと比べてオレンジの苦味などの風味が強いです。

熱を加えても香りが消えにくいので、焼き菓子などの洋菓子によく使われます。

コアントローは、手頃な価格でグランマニエよりも手に入りやすいものです。

無色なので、カスタードクリームやホイップクリームなど、

色合いを変えたくないものによく使われています。

オレンジの香りづけ、ほのかな風味を足す時にちょうどいいです。

よく合う洋菓子

オレンジリキュールは、製菓の材料としてよく使われます。

マドレーヌやシフォンケーキなどにも使われますが、

もっともよく合う洋菓子は、チョコレート系でしょう。

04faa326b2563b433e8f6aeb75c5c276_s

トリュフやガトーショコラなど、チョコレートだけだと重たくなるけど、

コアントローやグランマニエなどのオレンジリキュール

を加えると、スッキリします。

他には、よく「ラム酒」「ブランデー」を入れるときに、

代わりにオレンジリキュールを加えると、洋酒の香りだけでなく、

オレンジの柑橘系をプラスできるので、とてもオススメです。

もともと、「ラム酒」などの洋酒はアルコール度数が高く、

アルコールの香りとラムやブランデーなど、

洋酒独特の香りを菓子につけるために使います。

なので、「ラム酒」や「ブランデー」などの洋酒の香りが苦手な方は、

オレンジリキュールの柑橘系の香りだと美味しく作れるかもしれません。

好みに合わせて、コアントローやグランマニエなど、洋酒を使い分けてみると楽しいですよ♪

  


スポンサードリンク