生牡蠣を簡単で綺麗に洗う方法まとめ!

4ae0d9aafa2c0b18c8c8705ed973c0ad_s

寒くなってくると、お鍋やフライなどで

牡蠣を食べる機会もありますよね。

鮮魚売り場などにパック詰めされて並んでいる生牡蠣

その生牡蠣には貝殻などの汚れがついているんです!

生牡蠣を簡単で綺麗に洗う方法をまとめてみました!

スポンサードリンク

パック詰めの生牡蠣

パック詰めされた生牡蠣は、

殻をむき、無菌化した海水と一緒に入れられています。

綺麗に水洗いされてからパック詰めされるのですが、

たまに、が身の間に入っていたり、貝の汚れが紛れていたりします。

体に害はないのですが、綺麗に安心して食べれるよう、

洗うことをおすすめします。

生牡蠣を洗う

生牡蠣を洗う時に、用意するものは・・・

大根です。

a160c126764d649ed33d5207bcc160cc_s

●大根を1/4本ほど、皮付きですりおろします
 大きめのボウルなどに入れてください。

●生牡蠣はザルなどにあけて水を切っておきます。

●すりおろした大根の中に、生牡蠣を入れます
 生牡蠣が浸るくらいあるといいです。

生牡蠣の身を潰さないように気をつけながら、もみ洗いをします。

●流水にさらして生牡蠣をすすぎます。
 水の中で少し泳がせる程度で大丈夫です。

これで生牡蠣は綺麗になります!

なぜ大根おろし?

すりおろした大根には、たくさんの繊維が含まれています。

その繊維が牡蠣の身やヒダの間に入り込み、汚れに絡みつくのです

汚れよりも大きな大根は洗い流しやすいですし、

大根なので、洗い落としきれずに食べても全然問題はありません

大根の繊維でもみ洗いすると、牡蠣のヌメリも少し取れます。

ただ、牡蠣の味を損ねるようなことはなく、

程よく臭味が抜ける程度に取ることができます。

皮の部分にもたくさん繊維が含まれているし、

どうせ洗い流してしまうものなので、手間をかけて剥かなくても

皮付きのままですりおろすのが一番です。

4ae0d9aafa2c0b18c8c8705ed973c0ad_s

生牡蠣を簡単で綺麗に洗う方法まとめ!

皮付きの大根おろしで、簡単で綺麗に洗うことができると紹介しました。

生牡蠣をおいしく食べるために、一度やってみてはいかがですか?

洗ったあとは、そのまま鍋に入れてもいいし、

水気を切ってから焼いたりフライにしても美味しいですね。

新鮮な生牡蠣を簡単においしく食べましょう!


スポンサードリンク