夏と冬の湿度の違いまとめ!

夏は湿度が高くて、

冬は湿度が低い・・・

しかし、湿度計を見てみると、
夏の50%と冬の50%・・・

これって本当に同じなんでしょうか?

実は、温度の差で空気中に含まれる湿度が違うのです!!

夏と冬の湿度の違いについて、まとめてみました!

スポンサードリンク

湿度とは?

193940

湿度とは、空気の中に含まれている水分の量のこと。

温度によって、空気中に存在できる水分量が違うので、
同じ湿度数でも、季節によって変わってくる。

夏と冬の湿度の違い!

湿度は気温によって乾燥したり、湿気たりします。

温度が高いと、多くの水分を含むことが出来る。
なので、夏では高温多湿状態が多くなる。

温度が低いと、空気中の水分は少ししか含めません。
すると、冬は乾燥して、洗濯ものも乾きにくい・・・。

これで、夏の湿度50%と冬の湿度50%の違いがわかりましたか?

ae47100d08d8f603a0966e1e93969c01_s

湿度と洗濯ものとの関係

先ほど、冬は洗濯ものが乾きにくい・・・と言いましたが、
それは、空気中に存在できる水分量が関係しているんです。

夏の場合、空気中にたくさんの水分を含むことができます。
すると、太陽の熱で洗濯ものの水分が蒸発し、
どんどん空気中に水分を飛ばせるのです。

しかし冬の場合は、空気中に存在できる水分量は少ないので、
蒸発した洗濯ものの水分は、空気中に飛ぶことができず、
そのまま洗濯ものの中に留まってしまうのです。

252945

雨の時もまた、空気中の水分量が多いので、
洗濯ものの水分が空気の中に飛んで行くことができません。
生乾きの状態が続き、気温が高いと嫌な匂いがしてきます。

これらの、空気中に含むことができる水分のことを飽和水蒸気量と言います。
空気の中の水分量が満杯だとそれ以上は吸い取れず、
水分量が少なければどんどん吸い取ってくれる。

これが、湿度と洗濯ものの関係なのです。

にじ

夏と冬の湿度の違いまとめ!

温度によって湿度は違います。
高いと水分量が多く、
低いと水分量は少ない。

同じ数値でも、夏と冬では違いがあるんですね。

また、水分は熱をためやすいので、
夏は除湿をすることで涼しくなることができますし、
冬は多湿して水分量を多くすると暖かくなりますよ!!

カビや乾燥などに気をつけながら、
簡単に楽しく季節を過ごしましょう!

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

スポンサードリンク