アルカリ電池とマンガン電池の違いと使い分けまとめ!

a0002_000123

時計や懐中電灯などの小さいものから、
ガスコンロや玩具までいろいろ動かしてくれる乾電池

乾電池にある、アルカリとマンガンの違い・・・
値段が高いから、アルカリ電池のほうが長持ちしそう・・・
マンガン電池は電圧が弱そう・・・

値段も特性も違うそれぞれが、
どんなものに使えば効率がいいのかをまとめました

スポンサードリンク

アルカリ電池とマンガン電池の違い
アルカリ電池とは

アルカリ電池は、パワーと持久力のある乾電池です。

中に亜鉛がたくさん入っているので、
長時間使うCDプレイヤーや扇風機など
パワーが必要なミニ四駆や電動ねじ回しやミキサーなど

36ebc6c5e484972bbca01894b6c03627_s

ここぞという時に長い時間、パワーを保たせたいなら、
アルカリ電池が最適です。

ただ、マンガン電池に比べて高価ではあります。

マンガン電池とは

マンガン電池は、アルカリ電池よりも前から使われています。

使用と停止を繰り返し使っていると、停止している間に
電圧が回復する特徴
があります。

電圧はアルカリ電池に比べて低いですが、
少しの電圧でいい時計や小さなオモチャ、
使用よりも休んでいる時の方が多いもの、リモコンや懐中電灯、
ガスコンロなどに使うと効率がいいです。

4ba9d502f8605621b7f13560d14419e3_s

たまに使用するものや、小さな電気製品の場合に最適です。

アルカリ電池に比べて、半分くらいの値段で買えます。

アルカリ電池とマンガン電池の使い分け

アルカリ電池は長時間・パワーが必要なもの

マンガン電池は休んでいる時は電圧を回復、たまに使用するもの

という違いがありました。

日常生活でよく使う、
リモコンやガスコンロなどは、使用していない時のほうが多いので、
マンガン電池の方がいいでしょう。
使っていない時に、電圧が回復してくれるので、
消費するだけのアルカリ電池よりもはるかに長持ちします。

また、防災などのいつ使用するかわからない、
懐中電灯や携帯ラジオなども、マンガン電池の方がいいかもしれません。

意外と、日常生活ではマンガン電池の方が
使用頻度が高いかもしれませんね。

a0002_000123

ただ、リモコンにはマンガン電池だけ!というわけではありません。
アルカリ電池を使っても、ちゃんと使用できます。

説明書などで、どちらか指定されていない場合は、
アルカリとマンガンのどちらを使っても大丈夫です。

アルカリ電池とマンガン電池を一緒に使う

これはやめたほうがいいです。
上にある特徴の通り、構造などが全然違います。

長時間使えるアルカリ電池と、休んだほうがいいマンガン電池。
これを一緒に使うと、電圧の無駄遣いや液漏れの原因、
また、機械などの故障
につながったり、
最悪は電池が破裂することがあります。

使う際は一種類のみ。

上と同じ理由で、新品と中古を一緒に使うのも
やめたほうがいい
です。

気をつけて安全に使いましょう!


スポンサードリンク